寺島成信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
寺島成信
生誕 1869年8月10日
死没 1939年4月2日
国籍 日本の旗 日本
研究分野 海運政策、交通政策
母校 慶應義塾卒業、慶應義塾大学部中退
影響を
受けた人物
アルフレッド・セイヤー・マハン
実績 仮装巡洋艦主義
テンプレートを表示

寺島 成信(てらしま しげのぶ、1869年8月10日明治2年7月3日) - 1939年昭和14年)4月2日)は、日本経済学者経済学博士。日本で初めて経済学博士を取得した人物として知られる。

人物[編集]

出羽国庄内(現・山形県鶴岡市)出身。佐藤雄能三矢重松らと共に、同郷の学生寄宿舎「荘内館」の設立に尽力した。

日露戦争以前、戦時に仮装巡洋艦として用いる高速商船の建造・航路補助の制度整備を主張した。後に自分は「仮装巡洋艦主義」を唱えたと回顧する[1]

日本郵船では「同社創設の調査機関を主宰するに至つた」[2]近藤廉平社長とともに、パリ講和会議に民間船主代表として参加。

第一次大戦中より論壇に登場し、航空省設置や優秀船建造について発言。マハンの著作翻訳も行い、慶應義塾大学早稲田大学東京帝大で海運論等の講義を担当した。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1923年、海軍経理学校での講義『海運政策』。
  2. ^ 1923年刊『帝国海運政策論』自序。
  3. ^ 授与機関は東京帝国大学

著作等[編集]

著書

訳書

論考

  • 論説「海事思想涵養の方法」大日本教育会雑誌164、1895年3月1日
  • 寄書「海運ノ振興ト巡航商船ノ制」水交社記事49、1894年8月(冒頭で『兵商論』『日本海運論』を自著として言及)

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]