寒の土用の丑の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

寒の土用の丑の日(かんのどようのうしのひ)は、冬の土用(寒土用、冬土用)の間のの日。

概要[編集]

一の丑 二の丑
1998年 1月18日 1月30日
1999年 1月25日 なし
2000年 1月20日 2月1日
2001年 1月26日 なし
2002年 1月21日 2月2日
2003年 1月28日 なし
2004年 1月23日
2005年 1月17日 1月29日
2006年 1月24日 なし
2007年 1月31日
2008年 1月26日
2009年 1月20日 2月1日
2010年 1月27日 なし
2011年 1月22日 2月3日
2012年 1月29日 なし
2013年 1月23日
2014年 1月18日 1月30日

土用は春夏秋冬の年4回あり、このうち夏の土用の丑の日にはを食べる習慣が定着している。

近年、諏訪湖のほとりにあり、鰻の漁獲量・消費量が多い長野県岡谷市を発祥として、夏の土用の丑の日と同様に冬の土用の丑の日にも鰻を食べる習慣を広めようとする活動が行われている。

1998年には、「うなぎのまち岡谷の会」が「寒の土用の丑の日」を日本記念日協会記念日として登録。2001年には、岡谷商工会議所により「寒の土用の丑の日」が日本国内で「うなぎを原料とする商品」等の区分で商標登録されている(登録商標第4525842号)。

岡谷市では、冬の土用の期間中に川魚店の店先にのぼりを出し、様々なイベントを開催するとともに、市外の川魚店にも参加を呼びかけている。また、市内の学校では、寒の土用の丑の日に合わせて、うなぎ給食が実施されている[1]。なお、岡谷市では例年2月11日に「岡谷寒うなぎまつり」が開催されているが、この開催日は冬の土用が終わった後である[2]

2012年には、静岡県三島市でも「寒の土用うなぎまつり」が開催されている[3]

なお、土用の丑の日になることがある日は、冬の土用になることがある1月17日2月3日である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]