富樫実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

富樫 実(とがし みのる、1931年(昭和6年)1月2日[1] - )は、日本彫刻家成安造形大学名誉教授櫛引町名誉町民(現・鶴岡市名誉市民

略歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 1967年(昭和42年) - フランス政府給費留学生選抜・毎日美術コンクール展大賞
  • 1992年(平成4年) - 京都府文化賞功労賞
  • 1996年(平成8年) - 京都美術文化賞、京都市文化功労者表彰
  • 1999年(平成11年) - 紺綬褒章、鶴岡市名誉市民顕彰

著作物[編集]

  • 1988年(昭和63年) - 『富樫実木彫展 - 空にかける階段 - 』 山形美術館致道博物館(出版)
  • 1998年(平成10年) - 『富樫実作品録 1984年〜1997年 - 空にかける階段 - 』 小林良市(写真) 櫛引町(出版)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.485

参考資料[編集]