富川力道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

富川 力道(とみかわ りきどう、1963年7月11日 - )は日本ブフ(モンゴル相撲)、大相撲研究家である。和光大学および東京外国語大学非常勤講師などを経て、現在日本ウェルネススポーツ大学教授。スポーツ人類学を専攻。翻訳家、詩人、作詞家。モンゴル・ブフ(相撲)クラブ会長、NPOユーラシアンクラブ副理事長、世界モンゴル俳句会創設者。世界俳句協会翻訳スタッフ。

経歴[編集]

中国内モンゴルシリンゴル盟出身。モンゴル名はバー・ボルドー(Б.Болд)。1985年、内モンゴル大学外国語学部日本語学科卒業。在学中は、学生ブフ大会で3連覇を果たす。特に1986年シリンホト市で開催されたブフ大会で当時の絶対王者チャガンジャーナーとS.ソヨイルに勝利した。1985年よりシリンゴル盟モンゴル族高校の教諭となる。

1987-1988年和歌山県立田辺商業高等学校に国費交換留学生として日本語研修を受ける。その後帰国し、国際旅行社シリンホト支社に勤めた。

1992年に再訪日し、東京大学などで文化人類学を学んだ。2002年、ブフと相撲の比較研究で千葉大学大学院社会文化科学研究科より学術博士号を取得。2004年、大修館書店より刊行された『教養としてのスポーツ人類学』(寒川恒夫編)に「モンゴル相撲ブフのシンボリズム」が所収される。共著に『レッスル・カルチャー』(岡井崇之編、風塵社、2010年)、『シルクロード万華鏡ーそれぞれのグレートジャーニー』(野口信彦編著、本の泉社、2012年)がある。2015年刊『21世紀スポーツ大辞典』(中村敏雄ほか編、大修館書店)にモンゴル民族の伝統的祭祀文化である「ナーダム」項目を執筆。研究のかたわら、ブフ文化の普及のために2000年に日本国内でモンゴル・ブフ・クラブを立ち上げ、毎年秋にブフ大会を開催している。2019年に日本ウェルネススポーツ大学にて第24回ブフ大会を開催。同イベントは海外におけるもっとも歴史あるモンゴル文化イベントでもある。そのほか、在日モンゴル人仲間たちと一緒に、2002年にモンゴル民族文化基金を創立、初代理事長を務める。2017年から、同年5月に発足した一般社団法人NARMAIモンゴルの常務理事を務めるなど在日モンゴル人の文化活動を積極的に支援している。

2000年8月に日本国籍を取得。富川力道を名乗る。日本名の「力道」は力道山とは何の関係も無い。

2003年NHK衛星第1ハローニッポン』で「モンゴル相撲を伝えたい!バーボルドーさん」というドキュメンタリー(20分)が放送された。2005年、内モンゴル衛星放送「スポーツ」番組で「ブフの運気を招く人」として4回シリーズで放送されブフの研究者としてもブフ文化の伝道師としても広く知られている。2013年に日本における第20回ブフ大会にて引退式を行い、格闘技専門誌『秘伝』に報道される。2019年に同誌主宰「WEB秘伝」の「達人・名人・秘伝の師範たち」に取り上げられる。日本のマスコミに時々登場。

日本文学にも興味を持ち、1989年ごろから芥川龍之介などの小説を国内文芸誌でモンゴル語に翻訳。2009年に『鼻ー日本近現代短編集ー』(内モンゴル人民出版社)を出版。それは内モンゴルにおける最初の日本文学翻訳集となる。近年ではモンゴル俳句を和訳し『世界俳句』、『吟遊』に掲載する一方、日本の夏石番矢鎌倉佐弓などの自由律俳句をモンゴル語に翻訳し『世界文学』(モンゴル語)に掲載している。2016年にWECHATによる「世界モンゴル俳句会」を創設。モンゴル詩人たちのモンゴル俳句を翻訳し、国際俳句雑誌『世界俳句』(年刊)、『吟遊』(季刊)に掲載中。また同会主催で世界俳句協会代表で著名な俳人夏石番矢氏を冠とする「夏石番矢杯世界モンゴル俳句コンテスト」を開催。同イベントは2年ごとに開催されている。2019年現在2回開催(2017年、2019年)。モンゴル俳句の世界俳壇への進出に一役買っている。

2010年10月から、日本ウェルネススポーツ大学に准教授として教鞭を取る。現在同教授。

2015年1月内モンゴル自治区シリンゴル盟作家連盟主宰『シリンゴル』文芸誌(隔月刊)にモンゴル語による詩を三篇発表し、詩人デビュー。2016年に民族出版社より出版された『バー・ボルドー・ブフ詩選』は内モンゴルにおけるブフ(モンゴル相撲)をテーマにした最初の詩集として注目された。2016年9月、世界モンゴル系民族詩歌コンテストに初参加し、銀賞を受賞。2017年に『愛の誓い』(内モンゴル人民出版社)、2018年に世界的に著名な漫画家バー・ビルゲの挿絵入りの児童向け長編詩『傷ついた地球』(内モンゴル人民出版社)を出版。2017年から内モンゴルにおける権威ある文芸誌『ウヌル・ツェツェグ』誌(月刊)に詩を掲載。2019年、第10回世界俳句協会大会特集として、内モンゴル四詩人の自由律俳句集『世界モンゴル俳句』を編著。2019年、『世界文学』(モンゴル語、隔月刊)に日本の児童文学の父と呼ばれる小川未明の母をテーマとする童話9編を翻訳し掲載。2020年の「母の日」に内モンゴル衛星テレビ局により「母の日のプレゼント」として「お母さまは太陽」「母の心」がラジオにて朗読される。近年作詞を手掛け、内モンゴルの著名な作曲家B・チャルメルトとのコンビで『駿馬タイガン・ハルタル』、『二人だけの世界』、「わが故郷バヤンゴル」、「満月のようなお正月」、「太陽・月・星」(子供向け)の歌謡曲を世に送る。そのほか歌謡曲の作詞多数。