富山信用金庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
富山信用金庫
The Toyama Shinkin Bank
Toyamashinkinbank.JPG
本店営業部
種類 信用金庫
略称 とみしん
本店所在地 日本の旗 日本
930-0051
富山県富山市室町通り一丁目1-32
設立 1902年明治35年)4月7日
(富山売薬信用組合)
業種 金融業
法人番号 9230005000220
金融機関コード 1401
事業内容 協同組織金融機関
代表者 山地清(理事長
従業員数 354名(2013年3月31日現在)
支店舗数 30店※:B&Lコンサルディング スクエアを除く
(2013年11月23日現在)
外部リンク 富山信用金庫
テンプレートを表示
上市営業部
(旧:上市信用金庫本店)

富山信用金庫(とやましんようきんこ、英語The Toyama Shinkin Bank)は、富山県富山市に本店を置く信用金庫である。通称は、『とみしん』。

沿革[編集]

店舗[編集]

2013年12月現在、富山市内に23店舗、射水市内に4店舗、高岡市中新川郡上市町・同郡立山町にそれぞれ1店舗ずつの、計30店舗を展開しているほか、富山市今泉西部町にローン・年金・事業性融資等の受付・相談に特化した「B&Lコンサルティングスクエア」も置かれている。

現在の店舗については店舗一覧を参照。

ATMについて[編集]

ATMでは、北陸地方3県(富山県・石川県福井県)内に本店を置く信用金庫(しんきん北陸トライアングルネットワークATMサービス)のカードに限ってATM利用時間内に関わらず入出金手数料が終日無料で利用できるほか、北陸3県以外の信用金庫(しんきんATMゼロネットサービス)のカードでも平日8:45~18:00の入出金・土曜9:00~14:00の出金に限り手数料が無料で利用できる。

上市信用金庫との合併[編集]

2010年4月22日中新川郡上市町に本店を置く上市信用金庫と合併することを発表した[1]

合併後の存続金庫・名称は富山信金で、総預金残高が高岡信用金庫を上回って県内最大手となり、北陸内の信金としては福井金沢の各信金に次いで3番目の規模である[2][3]

これに伴い、旧:上市信金の7ヶ店が富山信金の店舗として加わったが、このうち旧:上市信金本店営業部は「富山信金上市営業部」に、旧:上市信金富山支店は「富山信金大泉支店」に、それぞれ改称した。また、旧:上市信金店に割り当てられる店舗コードについては04x番台が付与された[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 富山、上市信金合併へ 高岡抜き県内最大中日新聞北陸経済ニュース:2010年4月23日(2010年4月27日閲覧))
  2. ^ 新「富山信金」「コンサル機能向上を」 北陸財務局合併を認可 山地理事長が抱負中日新聞北陸経済ニュース:2011年1月22日(2011年2月14日閲覧))
  3. ^ 富山信金と上市信金、2月14日合併(アサヒドットコム:2011年1月22日(2011年2月14日閲覧))
  4. ^ 合併後の店舗一覧より。なお2ヶ店は既に閉店し、現存する旧:上市信金店は5ヶ店。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]