寄付のお願い (ウィキペディア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2010年に登場した「ウィキペディア創設者ジミー・ウェールズからのメッセージをお読みください」のバナー(英語、PC版)
モバイル機器における表示例(2013年、英語)

寄付のお願い(きふのおねがい)とは、ウィキペディアのウェブサイトに表示されるバナー寄付広告[1]寄付バナー[2]とも呼ばれる。ウィキペディアを運営するウィキメディア財団が運営資金を募るためのバナーである。ウェブサイトの画面上部に表示され、「閉じる×」と書かれている部分をクリックすると一時的に消すことができる[3]。また、アカウントを取得すると二度と表示されない[4]

惹句としては、コーヒー一杯の金額でよい[5]一人が何円寄付すると何時間で寄付活動が終わる[1]、などが代表的である。寄付バナーは2010年から試験的な運用が始まった。以後、継続的に募金キャンペーンが行われ[6]、定期的にバナーが現れることから、インターネットにおける恒例行事とも言われている[7][8]

ウィキペディア存続の危機を訴える寄付バナーには、記事の可読性を損なうことへの批判[3][9][1][2]だけでなく、ウィキメディア財団の財政状態を考えるとむやみに不安を煽りすぎではないかとの声もあがっている[10][11]

運用[編集]

テスト後のメッセージ一切の広告を掲載いたしません」「オンラインのままで」「小さな非営利組織」 (ウィキメディア財団の2014-2015年財務報告書より)

寄付バナーは2010年から試験的な運用が始まった[4]。同じ年の12月には、アカウントを取得したログインユーザーには寄付のお願いを表示しないことになった。ログインユーザーはすでに寄付を行っている可能性が高いからである[4]

2011年の年末には全ての言語版で数週間に渡ってバナーが表示されたが、2012年の同じ時期には英語圏5か国に対して9日間だけ表示された[12]

2015年には寄付のお願いの運用ではA/Bテストの結果が重視されると報じられている[11]

背景[編集]

ウィキペディアを運営するウィキメディア財団は寄付によって全ての運営費を調達している[3]。コンテンツである記事の編集はすべて無償のボランティアが行うが、サーバー代、プログラム代、人件費、訴訟費用などが運営費で賄われる[1][11]。その一方でウィキペディアのウェブサイトに広告バナーは登場しない。理由としては、中立性、独立性、公平性を維持するため、と説明される[9][5]

2011年1月1日、ウィキメディア財団は、およそ50万件の寄付が140カ国から50日間で集まり、1600万ドルの資金調達に成功した、と発表した[6]。この時の寄付額は平均するとおよそ22ドルであった。また2009年には、24万人が合計800万ドルを寄付した[13][14]

2014年6月の決算で、ウィキメディア財団の純資産は7700万ドルを超えている[11]。そのため、寄付のお願いはウィキペディアの危機を過剰に煽っているのでないかともいわれてきた[10][11]。ウィキメディアのソフト開発者であるオリ・リヴネは財団のメーリングリストに「僕が(もちろん限られたものではあるけれど)理解している範囲では、いまの我々の財政状態と、お願いにあるような切迫感や懸念は釣り合っていない」と投稿したことがある[15]

莫大な寄付金の使途については、「ゴールデン・チェア」とも揶揄された職員一人あたり3200ドルに及ぶ家具の購入費が槍玉にあがったこともある[15]。またIBタイムズのメアリ=アン・ルッソンは、2015年以来のアメリカ国家安全保障局 (NSAを相手取った訴訟の費用も安価では済まないだろうと推測している[10]

批判と反論[編集]

2016年に登場したバナー(イタリア語、PC版)

寄付のお願いには、利用者からウィキメディア財団のメーリングリストに「うざい」と抗議の声があがったり、文章がA/Bテストの結果に頼り過ぎているのではないか、そもそも支出が毎年膨れあがっていることに問題はないかという指摘がなされてきた[11][注 1]

2016年9月ごろに表示された寄付のお願いは今までで最も大きく、スマートフォンでは半画面、または全画面で表示された[2]。多くの人が寄付のお願いを不快に感じている[3][9][1][2]。日本国内のSNSなどでは広告を載せた方がいいのではないかという意見があり[2][1]、また、ガジェット通信は「アフィリエイトやGoogle Adsenseなどのランダム表示の広告ならば問題ないのではないか」と2016年に提案した[9]。その反論もある。日本は、アメリカに次いで世界で二番目にウィキペディアへのアクセス数が多い国である。しかし2014年のデータによると、ウィキペディアへの寄付総額のうち、日本からの寄付は2%ほどであった[5]。まだ財団の調査によると、寄付で運営する、ということ自体を理解していない人が日本人の大部分を占めているという[5]

かつてウィキペディア日本語版管理者[注 2]であった男性は「広告を載せた場合、記事の執筆や編集を行うユーザーはサイトから離れ、ウィキペディアを『崩壊』させるだろう」と述べている[2]。一方で、ウィキメディア財団の資金調達チームに在籍していたピート・フォーサイスは、寄付のお願いの文章は「『一切の広告を掲載いたしません』という広告」であり、「ウィキペディアの恥」だと語った[11]

風刺とパロディ[編集]

2011年に表示されたバナーでは、ウィキメディア財団の名誉理事長ジミー・ウェールズの顔写真が左端に掲載されたため、記事タイトルがあたかも写真のキャプションのように見えることで笑いの種となった。そのため、このバナーをすべてのWebページに貼りつけるGoogle Chrome用のパロディアドオンや、ジミー・ウェールズの写真を猫に差し替えるアドオンなどが登場した[8]

関連項目[編集]

  • ゲーム批評 - 自由にゲームを批評するために、ゲーム広告を載せなかった雑誌[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ウィキメディア財団は、文章表現に対する利用者からの批判を受けて、2014年には単純なA/Bテストの成績によらず、より無難で受け入れられやすい文章をバナーに採用した[16]
  2. ^ ウィキペディアにおける「管理者」とは利用者の投稿ブロックや記事の削除などの権限を持つが、ウィキメディア財団に在籍する職員ではなく、一般の利用者間で選考されたボランティアである。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 花賀 太 (2016年9月23日). “拡大するWikiの寄付広告「広告入れれば」の声も”. R25 (リクルート). http://r25.jp/it/00052770/ 2016年9月23日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f “「ウィキ」の「寄付バナー」がデカすぎ 「広告にしたら?」の声、元管理者にぶつけると…”. J-CASTニュース (J-CAST). (2016年9月9日). http://www.j-cast.com/2016/09/09277497.html 2016年9月23日閲覧。 
  3. ^ a b c d “wikipediaに寄付をする方法と、うざい寄付のお願いを消す方法”. Money Lifehack. (2016年9月19日). http://money-lifehack.com/webservice/5982 2016年9月23日閲覧。 
  4. ^ a b c Fundraising 2010/Report”. Wikimedia Foundation (2015年8月10日). 2016年9月25日閲覧。
  5. ^ a b c d rong zhang (2017年9月30日). “ウィキペディア「目立ちすぎる」寄付募集の理由 本家の財団の答え”. withnews (朝日新聞社). https://withnews.jp/article/f0170930002qq000000000000000W02310201qq000015994A 2017年10月5日閲覧。 
  6. ^ a b 昌谷大介 (2016年7月24日). “超便利なWikipediaの秘密…誤情報や捏造も横行で信憑性は?無料でどうやって運営?”. Business Journal (サイゾー). http://biz-journal.jp/2016/07/post_15997.html 2016年9月23日閲覧。 
  7. ^ 盛田 諒 (2015年7月15日). “イラッとしたWikipediaジミー・ウェールズのメール”. 週刊アスキー (KADOKAWA). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/356/356511/ 2016年9月23日閲覧。 
  8. ^ a b “「ウィキペディア創設者ジミー・ウェールズからのお願い」を猫写真に変えるChromeアドオン登場”. ねとらぼ (ITmedia). (2011年11月22日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1111/22/news044.html 2016年9月23日閲覧。 
  9. ^ a b c d e ソル (2011年12月25日). “Wikipediaに一度寄付すると凄い催促メールが来る Wikipediaは何故広告を貼らないのか”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). http://getnews.jp/archives/159365 2016年9月23日閲覧。 
  10. ^ a b c Mary-Ann Russon (2015年12月5日). “Wikipedia fundraising drive: Should you donate money to the Wikimedia Foundation?”. IBTimes Co., Ltd.. 2016年9月24日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g Caitlin Dewey (2015年12月2日). “Wikipedia has a ton of money. So why is it begging you to donate yours?”. The Washington Post (WP Company LLC). ISSN 0190-8286. OCLC 2269358. https://www.washingtonpost.com/news/the-intersect/wp/2015/12/02/wikipedia-has-a-ton-of-money-so-why-is-it-begging-you-to-donate-yours/ 2016年9月23日閲覧。 
  12. ^ Lucian Parfeni (2012年12月28日). “Wikipedia Raises Record $25 Million, €18.8 Million in Blitz 9-Day Fundraiser”. Softpedia. 2016年9月26日閲覧。
  13. ^ Nate Anderson (2011年1月4日). “For a good cause: Half a million people fund Wikipedia”. wired (Condé Nast Publications). ISSN 1059-1028. OCLC 300118412. http://arstechnica.com/business/2011/01/for-a-good-cause-half-a-million-people-fund-wikipedia/ 2016年9月23日閲覧。 
  14. ^ 向井朋子 (2011年1月5日). “Wikipedia、目標の13億円を1カ月半で達成”. wired (コンデナスト・パブリケーションズ). ISSN 1059-1028. OCLC 300118412. http://wired.jp/2011/01/05/wikipedia%E3%80%81%E7%9B%AE%E6%A8%99%E3%81%AE13%E5%84%84%E5%86%86%E3%82%921%E3%82%AB%E6%9C%88%E5%8D%8A%E3%81%A7%E9%81%94%E6%88%90/ 2016年9月23日閲覧。 
  15. ^ a b Rob Price (2014年12月5日). “Annual Wikipedia fundraiser raises community hackles”. The Daily Dot. 2016年9月24日閲覧。
  16. ^ Ruth McCambridge (2015年12月7日). “Wikipedia: Enormously Effective, But…”. Nonprofit Quarterly. 2016年9月26日閲覧。

外部リンク[編集]