宮部行範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
スピードスケート
オリンピック
1992アルベールビル 男子1000m

宮部 行範(みやべ ゆきのり、1968年7月18日 - 2017年3月7日[1])は、元スピードスケート選手で日本オリンピック委員会(JOC)職員。1992年アルベールビルオリンピックスピードスケート男子1000m銅メダリスト。同じく元スピードスケート選手の宮部保範は実兄。

人物[編集]

東京都葛飾区出身[2]で5歳のとき父親の転勤により釧路市へ転居、本格的にスケートを始める[3]

中学1年時に埼玉県へ転居、埼玉県立春日部高等学校から青山学院大学を経て三協精機(現在の日本電産サンキョー)入社、前述のとおりアルベールビルオリンピック代表となり1000mで銅メダルを獲得、500mでは18位、1500mでは9位となった。

2年後のリレハンメルオリンピックでは1000m14位、1500m21位だった。

1994/1995年シーズンのISUワールドカップ1000mで種目別総合優勝を達成した。

1999/2000シーズン後に現役引退後はJOCの海外派遣事業によりオハイオ州立大学大学院に留学しスポーツマネージメントを専攻、帰国後2005年にJOC職員[2]となった。2014年のソチオリンピックは本部スタッフとして選手団のサポートを担当した[2][4]

2017年3月7日、東京都内の病院で死去。48歳没[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “宮部行範さん死去、アルベールビル五輪で銅 48歳”. 日刊スポーツ. (2017年3月8日23時28分). http://www.nikkansports.com/sports/news/1789453.html 2017年3月9日閲覧。 
  2. ^ a b c “【日の丸戦士37個のメダル(12)】スピードスケート男子1000M・宮部行範「銅」”. SANSPO.COM. (2014年1月13日). http://www.sanspo.com/sports/news/20140113/oth14011305000002-n1.html 2016年8月25日閲覧。 
  3. ^ [1] アスリートのためのキャリア・トランジション勉強会 2005年5月27日[リンク切れ]
  4. ^ ソチオリンピック・本部員・宮部行範 日本オリンピック委員会

外部リンク[編集]