宮田毬栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮田 毬栄(みやた まりえ、1936年11月5日[1] - )は、日本編集者文芸エッセイスト。旧姓、大木。詩人大木惇夫の次女。北九州市立松本清張記念館館長・藤井康栄(元・文藝春秋社編集委員)は姉、俳人大木あまりは妹。

経歴[編集]

東京府出身。馬込荏原中延で育つ[2]1959年早稲田大学文学部仏文科を卒業し、友人に誘われて偶然試験を受け中央公論社に入社。このときの保証人は父の友人の金子光晴だった[3]

見習い期間を終えると『週刊コウロン』編集部で松本清張の担当編集者となり、長篇推理小説『黒い福音』の取材を手伝う[4]。出版部時代、1965年西條八十を担当[5]。1966年、文藝春秋の編集者・中井勝と結婚[6]1981年から1984年4月の休刊まで『』編集長。日本で初めて文芸誌編集長に就任した女性となった。出版部部長、中公文庫副室長、『中央公論文芸特集』編集長、雑誌編集局局次長を歴任。

1997年5月に退社し、フリーとなる。2016年、父の評伝『忘れられた詩人の伝記 父・大木惇夫の軌跡』で第67回読売文学賞評論・伝記賞受賞。

著書[編集]

  • 『追憶の作家たち』(文春新書、2004年)
  • 『忘れられた詩人の伝記 父・大木惇夫の軌跡』(中央公論新社、2015年)

脚注[編集]

  1. ^ 宮田毬栄『忘れられた詩人の伝記』
  2. ^ 宮田毬栄『追憶の作家たち』p.145(文春新書2004年
  3. ^ 宮田毬栄『追憶の作家たち』p.13(文春新書、2004年)
  4. ^ 宮田毬栄『追憶の作家たち』pp.14-20(文春新書、2004年)
  5. ^ 宮田毬栄『追憶の作家たち』p.44(文春新書、2004年)
  6. ^ 宮田毬栄『忘れられた詩人の伝記』