宮本三喜彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮本 三喜彦(みやもと みきひこ、1935年3月5日 - )は日本の実業家明治生命保険安田生命保険の合併を実現させ、初代明治安田生命保険代表取締役会長を務めた。

人物[編集]

熊本県出身。熊本県立八代高等学校を経て、1959年一橋大学社会学部卒業。安田生命保険入社。大学では一橋大学硬式野球部所属。

安田生命保険では営業畑を歩み、1971年新橋支店長、1883年取締役、1993年副社長。

1999年安田生命保険代表取締役社長[1]。拡大路線を進めた。2000年富国生命保険と業務提携開始[2]。富国生命との統合も考えたものの、頓挫[3]。2001年東京建物大成建設朝日生命保険とともに、J-REITを組成。2004年明治生命金子亮太郎社長)との合併を実現[4]

2004年明治安田生命代表取締役会長に就任[5]

妻との間に三男。趣味は読書とスポーツ[6]

脚注[編集]

  1. ^ 1999/03/01, 日経産業新聞
  2. ^ 1999/12/14, 日本経済新聞
  3. ^ 2002/01/25, 日本経済新聞 
  4. ^ 2002/01/25, 日本経済新聞
  5. ^ 2003/10/28, 日経金融新聞
  6. ^ 1999/03/12, 日本経済新聞