ミンネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮廷の愛から転送)
移動先: 案内検索

ミンネ:Minne)は、中世ヨーロッパの騎士道精神に基づく恋愛である。ドイツ以外の国々では、宮廷の愛宮廷恋愛宮廷風恋愛Amour courtois, Courtly love)と呼ばれる。厳密には宮廷高位貴婦人に対する騎士の恋愛。ドイツ固有の「高きミンネhohe minne」は宮廷恋愛が肉体性を失い、精神性のほうへ一極化してしまった結果のもの。

騎士は身分の高い女性(既婚の場合も多い)を崇拝し、奉仕することを誇りとした。これをミンネを捧げるといい、またその女性をミンネともいった。女性のために決闘を行うこともあった。ドイツ宮廷で騎士の恋愛歌ミンネザング(Minnesang)を歌った吟遊詩人ミンネゼンガーと呼ばれた。

11世紀後半から12世紀頃南フランスを中心にして宮廷風恋愛をテーマとする詩歌が発展しはじめた[1]。『トリスタンとイゾルデ』などに見られるように、宮廷風恋愛は君主を夫とする妻(妃)と君主に仕える騎士の間の愛を描いたもので、その関係は基本的に不倫である[1]。これには、政略結婚が一般的で君主と妻の間の愛が薄かった時代背景がある[1]

脚注[編集]