ヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァルター・フォン・デア・
フォーゲルヴァイデ
Walther von der Vogelweide
Codex Manesse Walther von der Vogelweide.jpg
マネッセ写本から(Folio 124r).
誕生 1170年頃
死没 1230年頃
ドイツの旗 ドイツ、ヴュルツブルク
職業 詩人
テンプレートを表示

ヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデドイツ語: Walther von der Vogelweide, 1170年頃 - 1230年頃)は、ドイツ中高ドイツ語叙情詩の詩人

生涯[編集]

出自[編集]

ヴァルターの本名は記録を探しても見つからない。ただ一つの例外は、旅先でのパッサウ司教ヴォルフガーの勘定書に「Walthero cantori de Vogelweide pro pellicio v solidos longos(フォーゲルヴァイデの歌手ヴァルターへ 毛皮のコート代 5シリング)」と書かれていたことである。彼に関しての主な情報源というと、彼自身の書いた詩と、随所に見られる同時代のミンネゼンガー達からの影響である。hêr(Herr, Sir)という肩書きから、彼が高貴な生まれだったことはわかるが、城や村の地名ではなく、「フォーゲルヴァイデ」(鳥の放牧を意味する。ラテン語でaviarium。鳥を捕まえておくところ)という名前を名乗ったことから、上流貴族ではなかったと思われる。とはいえ、貴族ではない自由耕作者とは比べものにならない富と地位を持つ勤務貴族、あるいは大領主のつつましやかな随員であったのかも知れない。

出生地[編集]

ヴァルターの出生地は現在に至っても不明で、書かれた文書が少ないことから、正確に割り出すことは不可能である。名前も手掛かりにはなるかどうか微妙である。中世において、城や町の周辺に「フォーゲルヴァイデ」と呼ばれる場所は多く、そこは鷹狩りのための鷹や、家々のための鳴き鳥を捕まえておくところだった。

この点から、ヴァルターが広い地域で活動するのに、そういう名前を名乗っていたとは考えられない。なぜかというと、その名前が指し示すものはあまりに漠然としていて、役に立たないからである(普通、主人と旅する他の上流貴族や詩人は、彼らが何者か明らかにするため、所有するものか出身地を名乗っていた)。つまり、「フォーゲルヴァイデ」という名前は、その名前がその地域に一つしかない、あるいは比喩的に誰のことを言っているのかを理解してもらえる、狭い範囲でしか通じないわけである。(12世紀から13世紀の詩人はステージ・ネームを使っていたが、ミンネゼンガーは書類にサインする時は、原則として、彼らの高貴なファミリー・ネームを書いていたことが知られている)。

1974年、ヘルムート・ホルネーはRappottensteinの土地台帳の中の1556年の記載に、ある農家のことが「Vogelweidhof」と書かれていることを突き止めた。この時期、そのあたりはAmt Traunsteinに属していて、現在はシェーンバッハ(低地オーストリアヴァルトフィアテル)という町の中にある。その存在は1911年にアロイス・プレッサーも言及していたが、正確な位置がどこかわからなかったので、注釈は記していなかった。ホルネーは、今なお残っているWeidという農家がVogelweidhofであることを立証し、ヴァルターがヴァルトフィアテルの生まれであるという説を打ち出した。彼はそのことを、1974年に出版した『800 Jahre Traunstein(800年のトラウンシュタイン)』の中に書き、ヴァルターが„ze Ôsterrîche lernt ich singen unde sagen“(オーストリアで私は詩を吟じ歌を歌うことを学んだ)と、当時低地オーストリアとウィーンのみでしか使われていなかったオーストリア語で話していたことも指摘した。

ある言い伝えでは、10人の老巨匠の一人であるヴァルターはボヘミア出身の地主とされているが、これもヴァルターのヴァルトフィアテル出身説を否定するものではない。なぜなら中世、ヴァルトフィアテルは時期によって「対ボヘミア」の象徴だったからだ。この説に対して、ベルント・テュム(ドイツ、カールスルーエ大学)は1977年1981年に強力な援護をした。テュムはヴァルターの作品、特に「老年のエレジー」として知られる、十字軍の呼びかけを歌った詩の内容を分析し、ヴァルターの出生地は当時の旅行ルートから遠く離れたところにあり、その地域の土地がまだ空き地だったと推論した。ヴァルターが自分の悲しみを„bereitet ist daz velt, verhouwen ist der walt“(自然の荒野は整えられて 森の樹々も伐り払われてある)〔村尾喜夫訳〕と吐露したことが、その根拠だった。それは、もはやヴァルトフィアテルには彼が住む場所も家来もいなくなったことを示唆している。

さらに1987年、ヴァルター・クロムファーと図書館員シャーロッテ・ツィーグラーが、ヴァルターがヴァルトフィアテルで生まれたに違いないと主張した。2人の研究の出発点となったのは「ヴァルター」という言葉である。それがどうして彼の出生地と関係あるのかという疑問に対して、クロムファーは17世紀にツヴェットル修道院の修道士達が描いた古地図を見せて反論した。その地図には「Walthers」という村と「Vogelwaidt」という野原が載っていて、関連のある家がその村に属することを示していた。やがて村はさびれてしまったようで、地図の印はくりぬかれ、書き直されていた。クロムファーはこの地域の所有権が誰か、全体から部分的に割り出すことに成功し、それが「ヴァルター」という(そう珍しい名前ではないが)クリスチャン・ネームを持つ者であることを突き止めた。

これらの説に反して、フランツ・プファイファーはヴァルターが南チロルのヴィップ渓谷の生まれであると主張した。イザルコ川シュテルツィングの小さな町からそう離れていないところで、そこには「Vorder- und Hintervogelweide」と呼ばれる森がある、というのがその根拠だった。しかし、これはヴァルターが何十年も生まれ故郷を訪れることがかなわなかったという事実と反する。当時のチロルは、何人かの有名なミンネゼンガーたちの地元で、バーベンベルク家オーストリア公フリードリヒ1世ウィーンの宮廷は詩と美術の中心となっていた。

老ラインマル[編集]

ヴァルターは若い頃、有名なラインマル・フォン・ハーゲナウの下で修行した。ラインマルの死に関して、後にヴァルターは美しい2つの叙情詩を書いて、哀悼の意を表している。続いてヴァルターはフリードリヒ1世の庇護を受けた。彼にとっては最初のパトロンである。この時期は彼の人生の中で最も幸せだった時期で、彼は愉快でのびのびした恋愛叙情詩を生み出したが、1198年のフリードリヒ1世の死でそれは終わってしまった。

その後のヴァルターはパトロンを求めて宮廷から宮廷へ渡り歩き、自分を「ペテン師人生」と客相手の恥辱から救ってくれたらと願いながら宿とパンのために歌った。ヴァルターはどうすればこの職業で物質的成功をおさめるかなど考えたこともなかった。一方で、彼に対する周りの批判と態度は容赦なかった。気前の良いパトロンとの接触がかなわなかった時など、その手下たちは彼に対して、不快なものを追い払うような扱いをすることもしばしばあった。

政治活動[編集]

このようにして、彼は寛大だったカリンシア公爵ベルンハルト(1202年 - 1256年)の宮廷からも追い出された。テューリンゲン方伯ヘルマン1世にも仕えた。1207年ヴァルトブルク城歌合戦ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハらと共に参加していたとされる伝説は、ワーグナーのオペラ「タンホイザー」にもつながっていく。マイセン辺境伯ディートリヒの宮廷では、彼の奉仕に対して金も称賛も得られなかったことに不満を訴えた。

ところでヴァルターは確固たる政見の持ち主であった。1197年9月28日のホーエンシュタウフェン家出身の神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世の死が、神聖ローマ帝国ローマ教皇の間に決定的な亀裂をもたらしたその時、ヴァルターは前者の側に立って、猛烈な論争の渦中にその身を投じ、教皇に対して生涯にわたって痛烈な攻撃を続けた。

ハインリヒ6世の死後、ドイツ諸侯はその3歳の息子フリードリヒ(1194年 - 1250年;後の神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世)をローマ王(ドイツ王)に選出したが、教皇が承認しなかったため、王位をめぐってホーエンシュタウフェン家出身のフィリップ・フォン・シュヴァーベン(1176年 - 1208年;ハインリヒ6世の弟)とヴェルフェン家出身のオットー・フォン・ブラウンシュヴァイク(1177年 - 1218年;後の神聖ローマ皇帝オットー4世)が争い、帝国は荒廃した。フィリップは、1198年3月8日にローマ王(ドイツ王)に選ばれ、9月8日にはマインツで戴冠式が行われたが、ヴァルターはその間、フィリップ支持の歌を歌った。しかし、1208年6月21日にフィリップが暗殺されると、フィリップと対抗していたヴェルフン家オットーを支持し、教皇の推すハインリヒ6世の息子フリードリヒに対抗する歌を歌った。オットー4世が1212年ブヴィーヌの戦いにおいて惨敗すると、今度はフリードリヒ2世の側に転じた。

やがて、ヴァルターの才能と帝国への熱意を新皇帝フリードリヒ2世が認めるにいたり、フランケン地方の小さな封土(「その価値は微々たるもの」と彼は不満だったが)を賜り、彼は長年欲していた定住の地を得ることができた。フリードリヒ2世はさらに彼を息子ハインリヒの家庭教師にすることで彼の名声を高めようとしたという説があるが、これはいささか疑わしい。

晩年[編集]

ボルツァーノのヴァルター像

1217年にはウィーンに、1219年には第5回十字軍から帰還したレオポルト6世のところに移った。1224年にはヴュルツブルク近郊に封土を得て、そこに住んでいたと見られている。ヴァルターはドイツの王子達に1228年第6回十字軍に参加するよう働きかけ、少なくともチロルあたりまで十字軍に随行した。美しく感傷的な詩の中で、彼は幼児期のことを思いだし、それに較べると今の生活は夢を見ているようだと、その境遇の変化を活写している。

ヴァルターは1230年に亡くなり、遺体はヴュルツブルクに埋葬された。ある伝説によれば、鳥達が毎日彼の墓で餌をついばむことになるようにとの遺言を残したと言われている。墓碑にはラテン語の銘が刻まれていたらしい。それを記念して設置された石棺状の石が、ヴュルツブルク大聖堂に隣接するノイミュンスター(Neumünster)教会の'Lusamgärtlein' (「遊歩庭園」ほどの意味)と呼ばれる庭に存在する。ヴュルツブルク市内には他に、世界文化遺産レジデンツ(Residenz)正面入り口にある噴水「フランコニアの泉」('Frankonia-Brunnen')に、ヴァルター像がある。また、ボルツァーノにも美しいヴァルターの像がある(1877年除幕)。

評価[編集]

ヴァルターの政治詩に対する歴史的な関心は高い。19世紀から20世紀初頭のドイツ人批評家達は、中世の愛国的な詩の中に、彼ら自身の帝国への憧れと教皇への嫌悪を反映させ、その功績を少なからず誇張したりもした。しかし一般的に、彼の詩でより永遠性があると考えられているのは、恋愛を扱った詩であり、それが今日の「我等が歌のマイスター」という称賛をもたらしたといえよう。もちろん、作品の出来にはムラがある。悪いものは、弟子たちの退屈な紋切り型な詩以上のものではない。逆に良いものは、自然で、魅力的で、流暢で、ライバルたちが真似しようとしてもできなかったほどである。

彼の初期の詩は生きる喜びに、自然への情感に、愛への賛美に満ちている。大胆なことに、愛は高貴な生まれで身についたしきたりをも超越し、「女性」と「淑女」との優位性すら逆転する。彼の詩で最も美しいといわれる『菩提樹の下で(Under der linden)』は、どこにでもいる一人の少女の立場から歌われたものである。初期の喜びに溢れた詩の中にも、ある程度のシリアスさは見られたが、それは年を経るごとに顕著になっていく。宗教的で教訓的な詩が頻繁になってくるのだ。愛の賞賛は、政治不安に動揺してあやふやなものになってしまった道徳的規範への抗議に変わる。

彼の姿勢は一貫して健全で良識があったと考えられている。十字軍勧説の歌を作る一方で、「キリスト教徒ユダヤ人異教徒も、世の中のありとあらゆる不思議なものを養い給う御方に仕えている」〔村尾喜夫訳〕(im dienent kristen, juden unde heiden,/der elliu lebenden wunder nert; L. 22,16/17)と歌っている。

ヴァルターは「偽りの愛」を痛烈に非難し、一方で「愛は罪なり」と主張する人々を軽蔑した。禁欲的な規範と乱れきった道徳に満ちたその時代、彼は騎士道精神に鼓舞された信条を訴えたが、それと一致するものは、ありきたりなものですら存在しなかった。「Swer guotes wîbes liebe hât/Der schamt sich ieder missetât(良き女性に愛される者は、どのような悪行をも恥じる)」。

とにかくヴァルターの詩は、ただの芸術的天才ではなく、精力的で、情熱的で、大変に人間的かつ愛らしかった人物だったということを、我々に伝えてくれる。

日本語参考文献・翻訳[編集]

  • 相良守峯編『ドイツ詩集』角川文庫、 1952年。「フォーゲルワイデ篇」(相良守峯訳)として3編の歌が掲載されている。
  • 『世界詩人全集 第1巻:中世・ルネサンス・古典派詩集』(吉田健一 [ほか] 譯) 河出書房、 1955年。「ドイツ詩篇(ヴァルター・フォン・デル・フォーゲルヴァイデ他著)」が掲載されている。
  • 石川敬三訳 「ワルター 詩集」(Gedichte):訳者代表 呉茂一・高津春繁『世界名詩集大成 ①古代・中世編』平凡社、1960年、289-305頁に23篇の格言詩と15篇の歌、計38篇が掲載されている。
  • 村尾喜夫訳注 『ワルターの詩』(Die Sprüche und der Leich Walthers von der Vogelweide)三修社、1969年(192行に及ぶ聖母マリアを賛美するライヒ1篇と格言詩全114篇の対訳と諸家の注の抜粋。注はドイツ語)
  • 村尾喜夫訳注 『ワルターの歌』(Die Lieder Walthers von der Vogelweide)三修社、1989年(対訳と詳しい注)
  • 山田泰完訳著 『ヴァルター・フォン・デァ・フォーゲルヴァイデ 愛の歌』大学書林、1986年(対訳と注)
  • ヴェルナー・ホフマン・石井道子・岸谷敞子・柳井尚子訳著『ミンネザング(ドイツ中世恋愛抒情詩撰集)』大学書林、2001年 ISBN 4-475-00919-7. C 0084. ‘Walther von der Vogelweide’ は104-141頁(8篇の対訳と注)
  • 高津春久編訳『ミンネザング(ドイツ中世叙情詩集)』郁文堂、1978年 0097-71730-0312. ヴァルターの17篇の歌・格言詩の翻訳と詳しい解説。この訳書は、「郁文堂・中世ドイツ文学叢書」第3巻、日本図書館協会選定図書
  • 伊東泰治編著『Deutsche Lyrik des Mittelalters(中世ドイツ抒情詩選)』南江堂(1973) にはヴァルターの6編の詩の原文・現代ドイツ語対訳(132頁に“Allerêrst lebe ich mir werde“[L. 14,38-]の楽譜)が含まれている。
  • 松村国隆 『オーストリア中世歌謡の伝統と革新:ヴァルター・フォン・デァ・フォーゲルヴァイデを中心に』水声社、1995年
  • 尾野照治 『中世ドイツ再発見』近代文芸社、1998年.ISBN 4-7733-6254-5 C 0095. (第8章 中世盛期最大の叙情詩人ヴァルターの政治詩「帝国の調べ」と「オットーの調べ」208-247頁)
  • 岡田朝雄・リンケ珠子『ドイツ文学案内』朝日出版社、1979年、増補改訂 2000年(ヴァルターについては134-135頁に記されている)
  • 中島悠爾編「日本における中世文学研究文献(II)」:日本独文学会『ドイツ文学』64号(1980.3)所収。161-163頁にヴァルターについての、1936-1978年発表の雑誌・紀要論文37編が記されている。
  • フリードリヒ・フォン・ラウマー『騎士の時代 ドイツ中世の王家の興亡』(柳井尚子訳)法政大学出版局(叢書・ウニベルシタス386)1992年 ISBN 4-588-00386-0 C1322

作品[編集]


  • 『中世ドイツ騎士歌人たちの愛の歌と格言詩』(Minnesang und Spruchdichtung um 1200-1320), 古代音楽合奏団(Studio der frühen Musik)演奏. Teldec „Telefunken-Decca“ 1966, 日本発売元・キングレコード1969に「ゲルハルト・アーツェ殿が私の馬を」(Mir hât hêr Gêrhart Atze ein pfert[L.104,7-22];Swâ guoter hande wurzen sint[L.103,13-28]; Uns irret einer hande diet[L.103,29-104,6])、「荒れ地の菩提樹の木蔭に」(Under der linden[L. 39,11-40,18])、「いまぞはじめて生き甲斐の」(Allerêrst lebe ich mir werde)[L. 14,38-16,35; Str. IV/Vは省略])が収録されている。

関連項目[編集]

  • 青い花 (小説)
  • ワルトブルクの歌合戦 -ヴァルターがヴォルフラムとともに登場人物として登場するフィクション。岸谷敞子・柳井尚子訳著『ワルトブルクの歌合戦』大学書林1987年参照。
  • ワルトブルクの歌合戦 -大ハイデルベルク歌謡写本(マネッセ写本)Lxvに描かれている Klingsor von Ungarlandのいわゆる「ポートレート」には、ヴァルターがヴォルフラムらとともに歌合戦の参加者として表されている。
  • タンホイザー - ワーグナー歌劇。ヴァルターが登場人物として登場する。
  • Peter Rühmkorf, "Walther von der Vogelweide, Klopstock und ich". Reinbek bei Hamburg: Rowohlt 1975. 1200-ISBN 3 499 25065 9

参照[編集]

現代[編集]

それ以前[編集]

  • The Gedichte were edited by Karl Lachmann (1827). This edition of the great scholar was re-edited by M. Haupt (3rd ed., 1853).
  • Walther v. d. Vogelweide, edited by Franz Pfeiffer, with introduction and notes (4th edition, by Karl Bartsch, Leipzig, 1873). Glossarium zu d. Gedichten Walther's, nebste. Reimverzeichnis, by CA Hornig (Quedlinburg, 1844).
  • There are translations into modern German by B Obermann (1886), and into English verse Selected poems of Walter van der Vogelweide by W Alison Phillips, with introduction and notes (London, 1896).
  • The poem Unter der Linden, not included in the latter, was freely translated by TL Beddoes (Works, 1890), more closely by WA Phillips in the Nineteenth Century for July 1896 (ccxxxiii. p. 70).
  • Leben u. Dichten Walthers von der Vogelweide, by Wilhelm Wilmanns (Bonn, 1882), is a valuable critical study of the poet's life and works.

パブリックドメイン この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "要記事名. Encyclopædia Britannica (in English) (11th ed.). Cambridge University Press.