宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校
Gokase Secondary School 01.JPG
過去の名称 宮崎県立五ヶ瀬中学校
宮崎県立五ヶ瀬高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 宮崎県の旗 宮崎県
設立年月日 1994年4月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
中等教育学校コード 45145C
所在地 882-1203
宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町大字三ヶ所9468-30
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校(みやざきけんりつ ごかせちゅうとうきょういくがっこう)とは、宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町大字三ヶ所にある全日制普通科の県立中等教育学校

概要[編集]

日本初の中等教育学校として創立。森林地帯という特色を生かして「フォレストピア学習」と銘打ち、わらじ作りや田植え(この藁を用いてわらじ作りを行う。)茶摘み、餅つき、カヌー体験、職場体験、ヤマメの採卵,天体観察、浄瑠璃見学、、竹トンボ作り、三ヶ所神社見学、しだれ桜観賞、ご当地の祭である荒踊りの見学、ほたる狩り、そーめん流しなどの自然体験を重視した教育が行なわれている。「こだま寮」という学生寮がある全寮制学校である。また全日制普通科で男女共学であり、1学年40人(男子22名、女子18名)の少人数教育である(2008年度のみ男女とも20人)。中学校課程を前期生、高等学校課程を後期生と分け高校受験は無いがフォレストピア研究と言う自由研究論文の発表、提出を行う。修業年限が6年間であり、全寮制少人数を活かした異学年間の交流が非常に多い。例として、出席番号順に割り振られたファミリー制度という、班に学年一人もしくは二人ずつ集う班編成にて兄弟姉妹かのような絆を深めるシステムがあり、各班(ファミリー)には、パパ、もしくはママ役の教師が一人ずつ担当し、メンタル面でのサポートにも事欠かない。ファミリーは、男子班が20班、女子の班が13班全33班となっている。最上級生の6年生から、長男もしくは長女、5年生は次男もしくは次女といった具合に呼ばれ、本当の兄弟姉妹かのように呼ばれる。このファミリー単位は様々な場面で使われることもあり、プライベートでの付き合いから、掃除場所の割り振り、泳大会のリレーの班割りになることもある。(ちなみに同じ学年がそのファミリーに二人いる場合、その二人はそのファミリーの双子という扱いになる。)ファミリーの割り振りは卒業まで変わることがない。そのため、1年生の時の2年生の兄役または姉役は、卒業までの5年間変わることが無いため、本当の兄または姉のような関係性になることもある。どことなくその班の雰囲気であったり、ファミリーで昼食を取る際(月1程度でファミリー給食なるものがある。)いただきますの合図を、長男が声を張ってかけるといった、ファミリーならではの伝統があるなど、ファミリーのメンバーが似た者同士になったり、伝統を守っていこうとする姿は、ファミリー制によるからこそ培われていく景色なのかもしれない。学園祭は体育祭と文化祭を連日に渡り開催し、各部署にて生徒は活動をし、保護者や地元民の観覧においては感動を呼ぶものになっている。文部省研究開発学校に数回指定されている。入学試験は適性検査が行われている。適性検査において、募集要項では男女別の枠を設けない1学年40人定員としながら、約20年にわたり、合格者を男子22人、女子18人で固定していたことが2018年11月21日に分かった。[1]

沿革[編集]

  • 1987年 - 「フォレストピア宮崎構想」が発表される。
  • 1991年 - 「フォレストピア学びの森学校建設構想協議会」が設置される。1993年3月に報告書が出される。
  • 1994年 - 宮崎県立五ヶ瀬中学校と宮崎県立五ヶ瀬高等学校が開校。
  • 1999年 - 学校教育法の改正により、中等教育学校を設置できることになったため、両校を合併して、中等教育学校に校種を変更。
  • 2000年3月3日 - 中等教育学校として、初めての卒業式(高等学校としての第一回卒業式は1997年)が行なわれ、日本で初めての中等教育学校の卒業者が誕生した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]