宮崎友禅斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮崎友禅斎の像(知恩院友禅苑

宮崎 友禅斎(みやざき ゆうぜんさい、承応3年(1654年)? - 元文元年6月13日1736年7月21日)?)は江戸時代の元禄年間(1688年〜1703年)を中心に京都で活躍した扇絵師。着物の友禅模様という名称の基になった扇絵や小袖雛形(ひながた)を描いた。来歴不明で出家であったことぐらいしか分かっていない。

京都は知恩院前に住居を構え「友禅」と号した。扇面に描いた絵が「友禅扇」と言われ流行したことから、着物(小袖)のひながた(雛形)を描く。友禅模様は、男女、貴賎を問わず評判になり、後に友禅という名は着物の模様や染織技法も指す言葉になった。

友禅に師事したという友尽斎をはじめ、文献や資料には友仙、友泉、勇善、由禅、遊仙、幽禅などの名が出てくる。一派を形成したものか人気に便乗した偽者がいたのかは不明だが、当時の友禅に対する人気の程が窺える。

現在の仕事でいえば、染色のデザイナーであり、友禅というブランドの創始者であるといえる。現存する資料からは友禅斎が友禅染の技法の創作、大成、改良のいずれにも関与したとは認められないとする説もある[1]

友禅染は折からの奢侈禁止令によって豪華な織物や金銀の摺箔が使えなくなった町人達の美服への欲求を満たすものとして歓迎されたという。

参考文献[編集]

  1. ^ 丸山伸彦『江戸モードの誕生-文様の流行とスター絵師』 角川グループパブリッシング(角川選書)、平成20年(2008年)、208頁。

関連項目[編集]