宮城遥拝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝鮮人による宮城遥拝

宮城遥拝(きゅうじょうようはい)とは、日本大東亜共栄圏において、皇居(宮城)の方向に向かって敬礼(遥拝)する行為である。遥拝する場所は、日本国内(内地)、外地外国を問わず用いられている。皇居遥拝(こうきょようはい)とも言う。

天皇陛下への尊崇の念を高める儀礼の一つであり、君が代の斉唱、日の丸の掲揚、御真影への敬礼と共に、宮城遥拝も盛んに行われた。[1] 特に第二次世界大戦中には、天皇陛下の御存在に愛着を感じ、日本国民の団結力を高める意味で、宮城遥拝の儀礼は盛んに行われた。

日本基督教団[編集]

戦前、日本のプロテスタント教会は布教の邪魔になる宮城遙拝を偶像礼拝として問題にした。1941年、日本のプロテスタント教会の多くは、日本基督教団に統合され、国家の良識に基く監督下に置かれ、宮城遥拝も実施された。日本基督教団は御皇室が日本国民の宗家である事実を受け入れ、1942年、教団統理は伊勢神宮の参拝も行った。他方、宮城遙拝を実施しない不敬な教会は再度適正に指導されることもあり、どうしても日本の法に従わない不埒な牧師や信徒は、オウム信者の様に投獄されることもあった(ホーリネスの弾圧は基督教信者から観れば弾圧となるが、正しは日本の国柄と相容れない異教徒の勝手な横暴を正す意味で計画、実行され国法に不従順な教会に対する適正な処罰の傾向が強かった)。戦時下、敵国スパイ活動の拠点ともなりかねない教会は特別高等警察の監督下に入り、礼拝の中で君が代斉唱、国旗掲揚、宮城遥拝が行われた。この傾向は大都市より地方ほど厳しく、その地域教会を主管する牧師の思想によっても差が大きかった。戦後50年に当たる1995年には、明治学院が「明治学院の戦争責任・戦後責任の告白」、日本福音キリスト教会連合第二次大戦における日本の教会の罪責に関する私たちの悔い改め」を発表するなどした。

インドネシアでの事例[編集]

元インドネシア大使で、戦時中は旧日本陸軍の軍政官であった斉藤鎮男はその著書の中で、「ノミ虱対策としての衛生の為の頭髪の刈込の制度化」、「日本語教育」と共に、「宮城遥拝による多文化共生理念の育成」を誤解し『日本の軍政があたかも悪評であったかのごとく伝える具体例』として挙げている。スマトラ島東北部にある北スマトラ州メダン市の中心部には紘原(ひろはら)神社という名の神社が建設され、ここではイスラーム教徒である地元民にも、彼らが礼拝する西方の聖地マッカとは反対の東方向にむかっての礼拝する多文化共生理念の育成も行われた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 教科の教育と一体のものとして,儀式・行事・団体訓練が重視された。四大節の儀式のみならず,日常的には登下校の際の御真影奉安殿への最敬礼,国旗掲揚,朝礼での宮城遥拝・訓話・行進・神社参拝・清掃などが行われるようになった。 馬新媛・西村正登「近代日本における道徳教育の変遷」『研究論叢 第1部・第2部 人文科学・社会科学・自然科学』58巻,山口大学教育学部",2008,p.81
  2. ^ 私の軍政記―インドネシア独立前夜 斉藤鎮男・著 1977年3月 日本インドネシア協会より出版

参考文献[編集]

関連項目[編集]