宮丸裕二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮丸 裕二(みやまる ゆうじ、1971年11月 - )は、日本英文学者中央大学法学部教授。

略歴[編集]

神奈川県出身[1]。 1990年神奈川県立希望ヶ丘高等学校卒業。1995年慶應義塾大学文学部文学科英米文学専攻卒業、1998年同大学院文学研究科英米文学専攻修士課程修了。2001年ケント大学大学院修士課程修了。2002年慶大大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。2006年慶大より博士(文学)取得。

2005年中央大学法学部専任講師、2006年助教授、2007年准教授、2013年教授[2]

著書[編集]

訳書[編集]

分担執筆[編集]

  • (日本ギャスケル協会)『エリザベス・ギャスケルとイギリス文学の伝統』(大阪教育図書, 2010年)
  • 松岡光治)『ギャスケルで読むヴィクトリア朝前半の社会と文化』(渓水社, 2010年)
  • (松岡光治)『ディケンズ文学における暴力とその変奏』(大阪教育図書, 2012年)

脚注[編集]

  1. ^ Hakumonちゅうおう (2010年125周年記念号)
  2. ^ 宮丸 裕二 - 中央大学研究者データベース