宜嬪成氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宜嬪成氏(ぎびんせいし/ウィビンソンシ 의빈 성씨1753年陰暦7月8日 - 1786年陰暦9月14日)は李氏朝鮮第22代国王正祖の後宮で、正祖の長男、文孝世子の生母。 本貫は昌寧。正祖の他の後宮達とは違い、宜嬪成氏は女官出身の承恩後宮である。

生涯[編集]

1753年陰暦7月8日に、成胤祐の娘として誕生する。名は徳任。父は、洪鳳漢(正祖の外祖父)の召使いであった。その縁もあり、恵慶宮洪氏(洪鳳漢の娘で正祖の生母)の伝手を頼り、女官となった。 1773年に、正祖の妹である淸衍公主、淸璿公主らと共に小説『郭張兩門録』を筆写したという記録が残っている。 また1766年頃に、寵愛を受け始めていたという。しかし正妃である孝懿王后に遠慮して、固辞した。 1782年(正祖6年) 陰暦9月7日、女官身分で王子(文孝世子)を出産し昭容になった。 翌年2月に宜嬪になり、1784年(正祖8年) 旧暦7月2日には王子が正式に世子に冊封された。 1786年(正祖10年) 旧暦5月11日文孝世子が亡くなり、同年の陰暦9月14日、宜嬪成氏も3回目の出産を控えて死亡した。正祖は彼女の死を深く嘆き悲しんだという。 同じ年に死んだ息子の文孝世子とともに孝昌墓(現在の孝昌公園)に埋葬されていたが、今は西三陵の孝昌園に埋葬されている。

家族関係[編集]

  • 父: 成胤祐(贈贊成)
  • 母: 林氏(贈貞敬夫人)
  • 夫:第22代国王 正祖
  • 長男:文孝世子
  • 長女:名前不詳(1784年 夭逝)

宜嬪成氏を演じた俳優[編集]

宜嬪成氏は2007年から2008年にかけて放送された正祖を主人公にした『イ・サン』で図画署(トファソ、絵画を職務とする役所)の茶母(タモ、雑務を担当する女性)、ソン・ソンヨン(成松淵)として脚色された。