宗義功 (富寿)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
宗 義功
Sō Yoshikatsu.jpg
宗義功像(養玉院蔵)
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永2年2月29日1773年3月21日
死没 文化10年5月17日1813年6月15日
改名 幼名:富寿→猪三郎、義功
戒名 浄元院
墓所 長崎県対馬市国分の万松院
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
対馬府中藩
氏族 宗氏
父母 父:宗義暢
母:永留藤右衛門の娘・瑞祥院(織江)
兄弟 猪三郎(義功)富寿義功)、種寿
正室大炊御門家孝の娘・彰順院
側室大山治部允の娘・シケ、熊生弥五六の姉・熊、村上新介の娘
義質暢孫質直(三男)、津江左善(四男)、大浦伯耆(五男)
特記
事項
身代わり藩主のため、幼名は猪三郎と改名

宗 義功(そう よしかつ)は、対馬府中藩の第12代藩主。ただし、第11代藩主で同母兄の猪三郎(義功)と同じ人物として藩主に擁立されたため、第11代藩主と見なされることもある。

生涯[編集]

安永2年(1773年)2月29日、第10代藩主・宗義暢の六男として生まれる。ただし江戸幕府の記録では兄と生年を合わせるために明和6年(1769年)生まれと報告している。天明5年(1785年)に兄で第11代藩主だった猪三郎が死去したが、猪三郎は第10代将軍・徳川家治御目見していなかった。改易を恐れた家臣団は幕閣の示唆もあって、猪三郎の弟である富寿と種寿のうち、死去したのは種寿であるとして、富寿を義功に、種寿を富寿にそれぞれすり替え、そして富寿が家督を継いで藩主となった。ただし幕府の記録では、兄に合わせるため安永7年(1778年)相続ということにされている。

天明7年(1787年)から親政を開始し、倹約の徹底や講武所・講学所の設置などに務めたが、もともと病弱で若年のため、家臣団は主導権や交易をめぐっての派閥争いを繰り返し、藩も財政難になるなどの混乱が続いた。寛政2年(1790年)11月、従四位下・侍従・対馬守・式部大輔に叙任される。

文化9年(1812年)10月2日、家督を次男・義質に家督を譲って隠居する。文化10年(1813年)5月17日に死去した。享年41。

偏諱を与えた人物[編集]

  • (かつしげ、次男で次代藩主。のち義質に改名)
  • 杉村(かつゆき、宗氏家臣で、次代・義質亡き後、その遺言を偽造して政争を巻き起こす原因を作ったとされる)

関連項目[編集]