宗義質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
宗 義質
Sō Yoshikata.jpg
宗義質像(養玉院蔵)
時代 江戸時代後期
生誕 寛政12年7月3日1800年8月22日
死没 天保9年8月9日1838年9月27日
改名 岩千代(幼名)→ 功茂(初名)→ 義質
戒名 啓祐院
墓所 長崎県対馬市国分の万松院
官位 従四位下、侍従、対馬守、左近衛少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
対馬府中藩
氏族 宗氏
父母 父:宗義功、母:村上新介の娘
兄弟 義質暢孫質直津江左善大浦伯耆
正室前田利謙の娘・喜久(寛寿院)
側室多田文蔵の娘・玄、内野武左衛門の娘、津江三五の娘
義章義和、娘(樋口鉄四郎室)、島雄益城(3男)、樋口和理(4男)
特記
事項
名は「よしただ」ともいわれる
テンプレートを表示

宗 義質(そう よしかた/よしただ)は、対馬府中藩の第13代藩主

生涯[編集]

寛政12年(1800年)7月3日、第12代藩主・宗義功(富寿)の次男として生まれる。初めは父の1字を取って功茂(かつしげ)と名乗っていた。兄が早世したために世子となり、文化8年(1811年)から病気の父・義功に代わって政務を代行した。文化9年(1812年)10月2日、父の隠居家督を継いで第13代藩主となる。この時、名を義質に改名。12月に従四位下・侍従・対馬守に叙位・任官される。

しかし、朝鮮貿易の収入の減少、文政6年(1823年)や天保2年(1831年)の府中大火などにより藩財政はさらに悪化した。また、家臣団も若年の藩主の下で主導権をめぐって争うなど、派閥抗争が続いて混乱した。天保8年(1837年)12月、歴代藩主の中でも異例の左近衛少将に昇任するが、天保9年(1838年)8月9日に江戸で死去した。享年39。跡を長男・義章が継いだ。

死後、家老杉村功如(かつゆき)によって義質の遺言が偽造され、政争が起きるなどしている。

偏諱を与えた人物[編集]

  • 暢孫(ながつぐ かたなお/ただなお、実弟)