宗義倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
宗 義倫
Sō Yoshitsugu.jpg
養玉院所蔵
時代 江戸時代前期
生誕 寛文11年3月26日1671年5月5日
死没 元禄7年9月27日1694年11月14日
別名 右京(通称)、義竜(別名)
戒名 霊光院殿心嶽宗観大居士
墓所 長崎県対馬市国分の万松院
官位 従四位下、侍従対馬守、右京大夫
幕府 江戸幕府
対馬府中藩
氏族 宗氏
父母 父:宗義真
母:三浦成友の娘・高寿院(津河)
兄弟 義倫古川真言義方多田倫寛
義誠方熈高瀬行方
正室:溝口重雄の娘・慈照院
側室:園
養子:義方
テンプレートを表示

宗 義倫(そう よしつぐ / - よしとも)は、対馬府中藩の第4代藩主。

生涯[編集]

寛文11年(1671年)3月26日、第3代藩主・宗義真の次男として生まれる。貞享元年(1684年)12月、従四位下、右京大夫に叙位・任官される。長兄の早世で世子に指名され、元禄5年(1692年)6月27日、父の隠居により家督を相続して第4代藩主となる。

しかし若年のため、実権は父がなおも掌握していた。元禄7年(1694年)9月27日、父に先立って江戸で死去した。享年24。跡を弟で養子の義方が継いだ。