宋翼弼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宋翼弼
各種表記
ハングル 송익필
漢字 宋翼弼
発音: ソン・イクピル
日本語読み: そう よくひつ
ローマ字 Song Ik-pil
テンプレートを表示

宋翼弼(そう よくひつ、ソン・イクピル、朝鮮語:송익필、1534年2月10日 - 1599年8月8日)は、朝鮮中期庶子出身の儒学者、政治家である。字は雲長、号は龜峰または玄繩、本館は礪山である(砺山宋氏)、諡号は文敬。

概要[編集]

安塘の陳外從孫で、父は庶子出身の文臣・宋祀連で、陳外從祖母は安塘家門の奴婢であった。彼は庶人礼学の台頭である金長生と金集、金槃との仁祖反正の功臣・金瑬などを門下で育てた。庶子出身で出生問題の是非があったことや、父による安塘一族と士林人士の逆謀について世間の非難を受けた。官職を諦めてからは故郷の調査研究と後代の教育に一生を捧げた。李珥と成渾、鄭澈らと庶人の理論家として交友を持ち、礼学性理学経学に貢献した。後日、安塘の曾孫婦が訴訟を提起して危機に直面したが、弟子であった金長生の叔父・金殷輝が彼の一族に配慮して、10年間養ったという。 1591年(宣祖24年)、平安道熙川に流刑されたが1593年9月に釈放。後に司憲府地平に追贈されたが、1910年(隆煕4年)時に再び弘文館提学に追贈された。

関連項目[編集]