安部浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安部 浩(あべ ひろし、1971年7月28日[1] - )は日本の哲学者環境倫理学者論理学者である。専門はマルティン・ハイデッガーハンス・ヨナスを中心としたドイツ現代哲学[2]。学位は博士(人間・環境学)(京都大学1999年)。京都大学大学院人間・環境学研究科准教授

経歴[編集]

  • 1990年3月、東大寺学園高等学校卒業。
  • 1990年4月、京都大学文学部哲学科入学。
  • 1993年3月、大学院3年次進学のため、京都大学文学部を中途退学。
  • 1993年4月、京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程入学。
  • 1995年3月、京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程修了、修士(人間・環境学)。
  • 1995年4月、京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程入学。
  • 1999年5月、京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了、博士(人間・環境学)。博士論文は「「現」- そのロゴスとエートス」[3]
  • 2000年4月、京都大学大学院人間・環境学研究科助手
  • 2003年5月、総合地球環境学研究所研究部助手。
  • 2006年4月、京都大学大学院人間・環境学研究科准教授(現職)。

また、1999年から2000年にかけて佛教大学非常勤講師を務めていた[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『「現」/そのロゴスとエートス――ハイデガーへの応答』、晃洋書房、2002年。

共編[編集]

共著・分担執筆[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]