小川侃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小川 侃(おがわ ただし、1945年8月11日[1] - )は日本の現象学者哲学者京都大学名誉教授。

人物[編集]

大阪府生まれ。その理論の特徴はフッサールの統一的な把握(統覚)理論を破壊して現象学の現象概念を「現われの理論」として洗練することにある。現われの理論を構造理論(ロマン・ヤコブソン)と媒介して、フッサール、ハイデッガーヘルマン・シュミッツの解釈を基にして氣氛や雰囲氣の理論を構築し、政治の問題に適用しようとしている。哲学の歴史においては現象学の方法で古代ギリシャ哲学シェリングベルクソンエミール・デュルケームを再解釈している。「気」の理論を中心にしてさらに後期水戸学(藤田幽谷藤田東湖など)への関心と造詣も深い。「身」と氣の哲学の体系化を目指している。

2008年に京都大学を定年まで一年を残したところで退官した後、人間環境大学の学長に就任。経営危機に瀕した大学の経営再建を期待されたが、運営する学校法人岡崎学園理事長の退任に伴う運営体制刷新のあおりを受け、わずか2年で退任。その後同大学特任教授に就任したが、これも1年で退職している。

2011年5月-8月にはドイツ、リューネブルク大学客員教授。さらに2012年4月に、甲子園大学学長に着任。二年の任期を終了して、2014年3月に学長を退任。2010年から豊田工業大学の文系アドバイザーを務める。現在はドイツ、ヒルデスハイム大学客員教授、豊田工業大学非常勤講師。

略歴[編集]

その間、ケルン大学フッサール文庫客員研究員、ドイツ連邦共和国アレクサンダー・フォン・フンボルト財団奨学研究員、イタリア哲学研究所(ナポリ)客員教授、カールスルーエ大学教授資格試験審査官を務める。現在、ヒルデスハイム大学客員教授、豊田工業大学非常勤講師。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『現象のロゴス 構造論的現象学の試み』勁草書房 1986
  • 『現象学と文化人類学 文化の多元論を越えて』世界書院 1989
  • 『現象学と構造主義 対決と調和』世界書院 1990
  • 『自由への構造 現象学の視点からのヨーロッパの政治哲学の歴史』理想社 1996
  • 『風の現象学と雰囲気』晃洋書房 2000
  • Grund und Grenze des Bewusstseins, Koenigshausen und Neumann,2001.
  • Machiavelli e La Fenomenologia, Napoli 2003
  • 『環境と身の現象学 環境哲学入門』晃洋書房 2004
  • Essen und Wissen, Muenchen: Iudicium Verlag 2008
  • 『ニッコロ・マキアヴェッリと現象学 ~彼の汚名をすすぐ~』晃洋書房 2015

共編[編集]

  • 『世界・地平・雰囲気 構造存在論と「新しい現象学」の視点からの研究 』多賀出版 1997
  • 『新現象学運動』梶谷真司共編 世界書院 1999
  • 『生命と環境』津田謹輔共編、京都大学学術出版会 2000
  • 『雰囲気と集合心性』京都大学学術出版会 2001
  • 『京都学派の遺産-生と死と環境』晃洋書房 2008

翻訳[編集]

  • 『現代哲学の根本問題 第8巻』新田義弘共編 晃洋書房 1978.11
  • 『身体と感情の現象学』ヘルマン・シュミッツ 産業図書 1986
  • 『現象学の最前線 古代ギリシア哲学・政治・世界と文化』クラウス・ヘルト 晃洋書房 1994
  • "Interkulturelle Philosophie und Phaenomenologie in Japan", hrsg. von Tadashi Ogawa, Michael Lazarin und Guido Rappe, Muenchen: Iudicium Verlag 1998.

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.306