安良岡健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安良岡 健(あらおか けん、1940年3月27日 - )は、日本の元レーシングライダー。東京都出身。

経歴[編集]

  • 1961年 全日本モトクロス125ccクラスで4位になるなど、当初モトクロスライダーとして頭角を現す。
  • ロードレースに転向後はカワサキのワークスライダーとして、60~70年代にかけ内外で活躍。
  • 1969年 デイトナに参戦。
  • 1972年 世界GP 500ccクラスにもプライベーターとして転戦し、東ドイツGPでは9位入賞を果たした。
  • スズキへ移籍後はRG500の開発にも尽力した。
  • 1974年 TR750でデイトナに参戦し、7位入賞。

人間関係[編集]

  • 自ら率いるモトクロスチーム「カワサキ・コンバット」に、後のレーシングドライバー星野一義を迎え入れる。
  • 自ら率いるカワサキ直系のアラオカレーシングチームに、後のGPライダー根本健を迎え入れる。

参考文献[編集]