安良岡健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安良岡 健(あらおか けん、1940年3月27日 - )は、日本の元レーシングライダー。東京都出身。

トーハツカワサキスズキのワークスチームに所属し、日本国内のレースの他、ヨーロッパWGPマカオなどの海外レースにも参戦した。

経歴[編集]

  • 東京の自動車商、機輪内燃機 に勤務。同僚には田村三夫北原豪彦などがいた。
  • 1960年 に開催された第3回全日本クラブマンレースの200ccクラスにフジモーター(エンジンはガスデン)で出場。以後、ロードレースやモトクロスなどで活躍。
  • 1961年 に開催された第4回全日本クラブマンレースの501cc以上クラスにトライアンフで出場し優勝。
  • 1961年前後にトーハツのワークスライダーになり、1962年の第5回全日本クラブマンレース(アマチュア対象)に出場。250ccクラスで4位。同時に行われた日本選手権レース(プロライダーも参加化)にも出場し、50ccクラスで6位、125ccクラスで4位。
  • 1965年カワサキに移籍[注釈 1]。同年の日本GPの125ccクラスで予選14位、決勝リタイヤ。主としてロードレースで活躍。ただし当時はロードレースの開催数が少なかったため、合間にモトクロスにも出場した。
  • 1966年の日本GPの125ccクラスで7位(マシンはカワサキKA-1)。
  • 1967年の日本GPの350ccクラスでリタイヤ(マシンはカワサキA7R)。
  • 1969年 にカワサキワークスライダーとしてデイトナ200に参戦。
  • 1972年 世界GP 500ccクラスにプライベーターとして参戦。マシンはカワサキH1R。東ドイツGPでは9位入賞を果たした。
  • 1973年スズキ へ移籍。同年7月の鈴鹿8時間耐久で阿部孝夫と組み優勝(マシンはスズキTR500-2)。レース出場の他、ワークスレーサーであるRG500の開発にも尽力した。
  • 1974年、スズキTR750でデイトナ200に参戦し、7位入賞。
  • 1976年、スズキ竜洋テストコースでテスト中に重傷を負い[注釈 2]、ワークスライダーの座を降りる。
  • 1977年富士スピードウェイのレースにヤマハTZ750で出場。トップ争いの最中に転倒して、1976年に竜洋で傷めた箇所を再度骨折し、37歳で現役を引退。
  • 1980年代末から1990年代初頭、明光商会をスポンサーにして、全日本500ccと同250ccの選手権に参戦。ライダーは500ccが松本憲明、250ccが椿洋匹田禎則たちだった。
  • 現在は東京で2輪販売店「モトショップ・エキスパート 」を経営。主として中古2輪車を販売している。

エピソード[編集]

  • トーハツがバイク事業から撤退した後、安良岡はヤマハへの移籍を模索したという。まず伊藤史朗(ヤマハワークスのエース格)の家に片山義美本橋明泰と同居。その後に野口種晴(元ヤマハワークス主将格)の店(野口モータース)に勤務。だがヤマハ移籍がスムーズに行かないため、安良岡の先輩の本田和夫が伊藤史朗や野口種晴のもとに怒鳴り込んで関係を解消したという。
  • ホンダへの移籍の可能性もあったという。田中健二郎(元ホンダワークスライダー)に呼ばれ鈴鹿サーキットで走ったが、乗ったマシン(ホンダCR72、同CR77)が真っ直ぐ走らないため帰ってきた。以後「ホンダからは目の敵」だという。。
  • 1960年代後半、カワサキのワークスライダーとして活躍しながら、東京で2輪販売店(アラオカモータース)を経営。この時代に、星野一義からモトクロスライダーとして弟子入りを志願される。当時の安良岡はロードレースの合間にモトクロスに出場しており、その際はカワサキワークスの同僚である三橋実(元ヤマハワークスライダー)のチーム(東京コンバット)に加わる形だった。そのため星野も、安良岡に師事しながら、同時に三橋にも師事する形になった。
  • 安良岡はカワサキ系のロードレースチームとしてアラオカレーシングチームを運営。当時の若手チーム員の中に根本健がいた。またメカニックの中には富樫広樹(後にトガシエンジニアリングを設立)がいた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1964年にトーハツが2輪事業から撤退したため。
  2. ^ 転倒したギャリー・ニクソンに追突したという

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 『JAPANESE RACINGMOTORCYCLE HISTORY』 八重洲出版、1988年12月15日 発行、初版。
  • The DAYTONA 200 (初版 ed.). Motorcycle Heritage Press. ISBN 0-9627434-0-2. 
  • 八重洲出版「モーターサイクリスト・クラシック 」No.7、No.8