野口種晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野口種晴
グランプリでの経歴
国籍 日本の旗 日本
チーム ヤマハ
初グランプリ 1961年 250cc クレルモン・フェラン
テンプレートを表示

野口 種晴(のぐち たねはる、1933年5月15日 - 1997年5月12日)は、埼玉県児玉郡出身の元オートバイロードレースヤマハ初代のワークスライダーの一人である。現役引退後は、ロードレースの競技監督や役員も兼務した。

現役時代[編集]

東京・小伝馬町にあった野村モータース(義兄の野村順亮が創業、経営)に勤務していた16歳の時にレース出場を始める。野村は、ホンダ本田宗一郎ヤマハ川上源一とも深い付き合いがあった。野村はヤマハワークスの発足にも深く関わっている。

1961年にはヤマハ・ワークスがロードレース世界選手権に参加し、ヤマハ・ロードレーサーに乗る形で5つのGPレースに出場した。

国内出場歴[編集]

1950年
1953年
1955年
1957年
  • 第2回全日本オートバイ耐久ロードレース(10月19日 - 10月20日) - 250ccクラス。スタート直前にエンジントラブルでリタイア。
1959年

※下記の2レースは併催。

ロードレース世界選手権(1961年)[編集]

フランスGP
  • 250cc - RD48に乗車。10位(2周遅れ)。完走したがポイント圏外。
  • 125cc - RA41に乗車。8位(周回遅れ)完走。
マン島TTレース
  • 250cc
  • 125cc - RA41に乗車。17位(完走)。
オランダGP
  • 250cc - RD48に乗車。8位(2周遅れ)完走。
  • 125cc
ベルギーGP
  • 250cc
  • 125cc
アルゼンチンGP
  • 250cc
  • 125cc

現役引退後[編集]

現役引退後は、神奈川県横浜市旭区でオートバイショップ「野口モータース」を経営しつつ、オートバイ販売やオリジナルパーツ製造販売、ツーリングイベントなどでオートバイの魅力を伝える普及活動に取り組んでいた。また名門レーシングチームスポーツライダースの会長兼監督としてチーム運営にも関わっていた。ヤマハワークスのチーム監督としても尽力、多くのライダーを育て、鈴木忠男平忠彦も指導を受けていた。ヤマハのタイトル獲得に貢献した。

エピソード[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]