安田雅企

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安田 雅企(やすだ まさき、1934年 - )は、日本作家[1]、犯罪史研究家[2]東京都出身、明治大学仏文科[1]ヤクザを題材とする著作を多く上梓してきた[1]

代表作に、『男道』(1993年,ISBN 4380932524、『極道でなぜ悪い』(1990年,ISBN 4791804953、『九州ヤクザ戦争』(1990年,ISBN 4791804961、『死闘!ヤクザの奔流』(1998年,ISBN 4791808142、『ケンカできないヤクザ』(1994年,ISBN 4791806069、『破門』(1999年,ISBN 9784791808151、『ヤクザの王』(1992年,1997年,1998年)、『ヤクザでなぜ悪い』(1995年,ISBN 4791806476、『正月はヤクザのアパートで』(1992年,ISBN 4796604685、『新・ヤクザという生き方』(共朝倉喬司山之内幸夫,1989年,ISBN 4880637718、などがある。[1]

出典[編集]