安四面銅鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安四面銅鉱
分類 硫化鉱物
化学式 (Cu,Fe,Zn)12Sb4S13
結晶系 等軸晶系
へき開 なし
モース硬度 3.5
光沢 金属光沢
灰黒色
条痕 褐色~黒色
比重 5.1
文献 [1]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

安四面銅鉱(あんしめんどうこう、Tetrahedrite)は、アンチモン硫黄を主成分とし、亜鉛砒素などを含む銅の硫化鉱物。アンチモンより砒素が多いものは砒四面銅鉱となり、組成が連続する。肉眼で両者の区別は困難。亜鉛が多くなると条痕が赤褐色になる。を含むものもある。

参考文献[編集]

  1. ^ 松原聰 『日本の鉱物』 学習研究社〈フィールドベスト図鑑〉、2003年ISBN 4-05-402013-5

関連項目[編集]