安倍寧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安倍 寧(あべ やすし、1933年5月21日 - )は、日本の音楽評論家。

人物[編集]

静岡県生まれ。東京都立日比谷高等学校を経て慶應義塾大学卒。在学中の1955年フリーライターとしてショービジネス、芸能界に係わり、美空ひばり越路吹雪フランク・シナトラエルヴィス・プレスリービートルズなどについて評論を書く。

65年以降、ブロードウェイ、ロンドンのウェスト・エンドで多くのミュージカルを観る。日本レコード大賞実行委員、審査委員を務めた。浅利慶太の学生時代からの友人(1951年、慶應義塾大学で二人は出会った[1])で、劇団四季取締役も務めた。エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問など。

著書[編集]

  • 音楽界実力派 音楽之友社 1966
  • 流行歌の世界 東亜音楽社 1966 (Toa popular library)
  • 越路吹雪・愛の讃歌 PHP研究所 1978.9
  • 劇団四季musicals 浅利慶太とロイド=ウェバー 日之出出版 1996.10
  • ショウ・ビジネスに恋して 角川書店 1996.10
  • Viva!劇団四季ミュージカル 日之出出版 2000.5
  • ミュージカルにI love you 華麗な舞台の表裏 日之出出版 2006.7
  • 喝采がきこえてくる ブロードウェイから東京まで、ショウ・ビジネスの光と影 ベストセラーズ 2007.5

参考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 4月、慶應義塾大学文学部進学、浅利慶太と出会う。 http://blog.avexnet.or.jp/abe/profile/

外部リンク[編集]