安保徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安保 徹(あぼ とおる、1947年10月9日[1] - 2016年12月6日[2])は日本の医学者新潟大学大学院医歯学総合研究所名誉教授(国際感染医学・免疫学・医動物学分野)、日本自律神経病研究会日本自律神経学会とは全く異なる団体)の終身名誉理事長とされる。

略歴[編集]

  • 1947年-青森県生まれ
  • 1966年-青森県立青森高等学校卒業
  • 1972年-東北大学医学部卒業
  • 1974年-東北大学歯学部助手
  • 1980年-『ヒトNK細胞抗原CD57に関するモノクローナル抗体』を作製したと主張[要出典]
  • 1989年-胸腺外分化T細胞を発見したと主張
  • 1990年-新潟大学医学部教授
  • 1996年-白血球自律神経支配のメカニズムを解明したと主張[3]
  • 2000年-胃潰瘍の原因が胃酸であると主張[要出典]。その後もマラリア感染の防御に関する発見をしたと主張[4]
  • 2013年-新潟大学名誉教授
  • 2016年-死去

主張[編集]

次のように主張した。

  • 爪を揉むことで免疫力が上がってさまざまな病気が治る[5][6]
  • 癌の痛みは治癒反応であり、癌性疼痛に対して痛み止めを使ってはならない[5][7]
  • ワクチンなんて歴史的に効いたためしはほとんどない[5][8]
  • 過剰な顆粒球の増加によって発生する活性酸素がん多臓器不全を引き起こす[9]

著書[編集]

『未来免疫学 あなたは「顆粒球人間」か「リンパ球人間」か』インターメディカル 1997 「免疫健康学 病気になる体質を変える!」PHP文庫 他多数

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.391
  2. ^ 訃報をお知らせします”. 安保徹オフィシャルブログ. 2016年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月20日閲覧。
  3. ^ 白血球も自律神経の支配を受けている 免疫系細胞における自律神経レセプターの役割 CiNii論文
  4. ^ 胸腺外分化T細胞の増殖, 循環, 形態について 新潟大学学術リポジトリ
  5. ^ a b c NATROM (2014年6月26日). “安保徹氏の反ワクチン論を信じてしまった衆議院議員”. BLOGOS. 2017年10月20日閲覧。
  6. ^ 安保徹 『奇跡が起こる爪もみ療法』 マキノ出版〈ビタミン文庫〉、2002年6月ISBN 483761163X
  7. ^ がんの治療法について【対談】安保 徹 & 上野 紘郁”. 天仙液シリーズ(天仙液の指定日本代理). 2018年3月1日閲覧。
  8. ^ 若者よ、新型インフルエンザに大いにかかれ”. JBPress. 2018年3月1日閲覧。
  9. ^ 安保徹 『免疫健康学 病気になる体質を変える!』 PHP文庫、2011年7月22日、p177, 185ほか。ISBN 978-4-569-67612-8

参考文献[編集]

  • 西部邁「流言流行への一撃(57) 「免疫」を求める現代社会――政治、経済、文化の三題」、『VERDAD』2004年4月号、 44-45頁。 - 安保について西部が論じている。

外部リンク[編集]