安保徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安保 徹(あぼ とおる、1947年10月9日[1] - 2016年12月6日[2])は、日本の医学者。医学博士。専門は免疫学新潟大学大学院医歯学総合研究所名誉教授。日本自律神経病研究会終身名誉理事長。青森県出身。

略歴[編集]

  • 1966年-青森県立青森高等学校卒業
  • 1972年-東北大学医学部卒業
  • 1974年-東北大学歯学部助手
  • 1980年-ヒトNK細胞抗原CD57に関するモノクローナル抗体を作成し「Leu7」と命名[3]
  • 1989年-胸腺外分化T細胞を発見[3]
  • 1990年-新潟大学医学部教授に就任
  • 1996年-白血球自律神経系支配のメカニズムを解明[3]
  • 2001年-日本自律神経免疫治療研究会理事長就任
  • 2013年-退職し、新潟大学大学院医歯学総合研究所名誉教授
  • 2016年12月6日-逝去し、日本自律神経免疫治療研究会(現・日本自律神経病研究会)終身名誉理事長[4]

主な著書[編集]

  • 『未来免疫学 : あなたは「顆粒球人間」か「リンパ球人間」か』インターメディカル、1997
  • 『医療が病いをつくるー免疫からの警鐘』岩波書店、2001
  • 『免疫革命』講談社インターナショナル、2003
  • 『こうすれば病気は治る : 心とからだの免疫学 (新潮選書)』新潮社、2003
  • 『免疫学の威力―なぜあなたの主治医は病気を治せないのか』悠飛社、2003
  • 『ガン免疫力ー生き方を変えれば、病気はなおる』大和書房、2004
  • 『 体温免疫力 ー安保徹の新理論!』ナツメ書房、2004
  • 『自律神経と免疫の法則 ー体調と免疫のメカニズム』三和書房、2004
  • 『長生き免疫』現代書林、2006
  • 『免疫進化論 : 自然の条理に根ざした医学を求めて』河出書房新社、2006
  • 『病気をよせつけない生き方』ひろさち共著 文化社2006
  • 『50歳からの病気にならない生き方革命』海竜社、2007
  • 『安保徹の病気を治せる医学ー自律神経免疫医学』ナツメ社、2007
  • 『病気にならない人の免疫の新常識』永岡書店、2008
  • 『病気は自分で治すー免疫学101の処方箋 (新潮文庫)新潮社、2008
  • 『安保流ピンピンコロリ術ー病気知らずで大往生「ミトコンドリア」と「自律神経」が"死ぬまで元気!"のカギ』五月書房、2008
  • 『希望の免疫学 : 免疫力でガンと闘うー評論集』花伝社、2009
  • 『人が病気になるたった2つの原因ー低酸素・低体温の体質を変えて健康長寿!』講談社、2010
  • 『病気が治る免疫相談室』ソフトバンククリエイティブ、2011
  • 『人がガンになるたった2つの条件』(講談社α文庫)講談社、2012
  • 『安保徹の原著論文を読むー膠原病、炎症性腸疾患、がんの発症メカニズムの解明』日本語訳:渡邉まゆみ, 富山智香子三和書房、2013
  • 『安保徹のやさしい解体新書-免疫学からわかる病気のしくみと謎』実業之日本社、2015

専門書

  1. Abo,T.,D Cooper,M.,M Balch,C. CHARACTERIZATION OF HUMAN NK CELLS IDENTIFIED BY THE MONOCLONAL HNK-1 (Leu-7) ANTIBODY. NK Cells and Other Natural Effector Cells
  2. Abo,T.,Balch,CM. Chapter 6 Human Natural Killer Cell Ontogeny and Function Monoclonal Antibodies: Probes for The Study of Autoimmunity and Immunodeficiency
  3. Cooper,MD.,Abo,T.,Kamps,WA.,Haber,PL.,Balch,CM. Subpopulations of Human Lymphocytes and their Alterations in Immunodeficiency Diseases. Immunoregulation:13-24

CD[編集]

論文等[編集]

英文

Original Papers(Letter)

  1. Kumagai,K.,Abo,T.,Sekizawa,T.,Sasaki,M. Studies of Surface Immunoglobulins on Human B Lymphocytes. J Immunol.,115:982-987,1975.
  2. Sasaki,M.,Sekizawa,T.,Takahashi,H.,Abo,T.,Kumagai,K. Heterogeneity of Human T Lymphocytes to Bind Sheep Erythrocytes and Mitogenic Responses of Their Subpopulations. J Immunol.,115:1509-1514,1975.
  3. Hanaumi,K.,Abo,T.,Kumagai,K. Exposure by phospholipase A of receptors for sheep erythrocytes on human B cells. Nature.,259:124-126,1976.
  4. Abo,T.,Yamaguchi,T.,Shimizu,F.,Kumagai,K. Studies of Surface Immunoglobulins on Human B Lymphocytes. J Immunol.,117:1781-1787,1976.
  5. Yamaguchi,T.,Handa,K.,Shimizu,Y.,Abo,T.,Kumagai,K. Target Cells for Interferon Production in Human Leukocytes Stimulated by Sendai Virus. J Immunol.,118:1931-1935,1977.
  6. Katsuki,T.,Hinuma,Y.,Abo,T.,Kumagai,K. Identification of the target cells in human B lymphocytes for transformation by epstein-barr virus. Virology.,83:287-294,1977.
  7. Sato,I.,Abo,T.,Onodera,S.,Kumagai,K. Detection of Monoclonal B Lymphocytes in Multiple Myeloma by Immunofluorescence Tests of Surface Immunoglobulins. Scand J Haematol.,21:434-444,1978.
  8. Hinuma,S.,Abo,T.,Kumagai,K.,Hata,M. The potent activity of fresh water fish kidney cells in cell-killing I. Characterization and species-distribution of cytotoxicity. Dev Comp Immunol.,4:653-666,1980.
  9. Abo,T.,M Balch,C. A differentiation antigen of human NK and K cells identified by a monoclonal antibody (HNK-1). J Immunol.,127:1024-1029,1981.
  10. Abo,T.,D Cooper,M., Balch,C. Postnatal expansion of the natural killer and keller cell population in humans identified by the monoclonal HNK-1 antibody. Jpn J Exp Med.,155:321-326,1982.
  11. Abo,T.,Roder,JC.,Abo,W.,Cooper,MD.,Balch,CM. Natural killer (HNK-1+) cells in Chediak-Higashi patients are present in normal numbers but are abnormal in function and morphology. J Clin Invest.,70:193-197,1982.
  12. Abo,T.,Balch,MC. Characterization of HNK-1+ (Leu-7) human lymphocytes: III. Interferon effects on spontaneous cytotoxicity and phenotypic expression of lymphocyte subpopulations delineated by the monoclonal HNK-1 antibody. Cell Immunol.,73:376-384,1982.
  13. Abo,T.,Miller,CA.,Gartland,GL.,Balch,CM. Differentiation stages of human natural killer cells in lymphoid tissues from fetal to adult life. J Exp Med.,157:273-284,1983.
  14. Landay,A.,Gartland,GL.,Abo,T.,Cooper,MD. Enumeration of human lymphocyte subpopulations by immunofluorescence: a comparative study using automated flow microfluorometry and fluorescence microscopy. J Immunol Methods.,58:337-347,1983.
  15. Abo,T.,Balch,CM. In vitro propagation of cultured human natural killer cells expressing the HNK‐1 differentiation antigen and spontaneous cytotoxic function. Eur J Immunol.,13:383-389,1983.
  16. Egan,ML.,Mendelsohn,SL.,Abo,T.,Balch,CM. Natural Killer Cells in Systemic Lupus Erythematosus. Arthritis Rheumatol.,26:623-629,1983.
  17. Okabe,N.,Hashimoto,G.,Abo,T.,Wright,PF.,Karzon,DT. Characterization of the human peripheral blood effector cells mediating antibody-dependent cell-mediated cytotoxicity against respiratory syncytial virus. Clin Immunol Immunop.,27:200-209,1983.

Abstract

  1. Abo,T.,D Cooper,M.,M Balch,C. 893 MORPHOLOGY, DEVELOPMENT AND DISTRIBUTION OF HUMAN NK CELLS IDENTIFIED BY A MONOCLONAL ANTIBODY (HNK-1). Pediatr Res.,15:591,1981.

脚注[編集]

  1. ^ 読売年鑑 2016年版
  2. ^ 訃報をお知らせします
  3. ^ a b c 安保徹の長寿革命プロフィールより. 実業之日本社. (2015) 
  4. ^ 日本自律神経病研究会公式サイト”. 日本自律神経病研究会. 2020年2月24日閲覧。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 安保徹『奇跡が起こる爪もみ療法』マキノ出版〈ビタミン文庫〉、2002年。
  • 西部邁『流言流行への一撃(57)「免疫」を求める現代社会―政治、経済、文化の三題』2004年4月号。
  • 安保徹『安保徹の免疫学講義』三和書籍、2010年。ISBN 978-4862510945
  • 安保徹『免疫健康学 病気になる体質を変える!』PHP文庫、2011年。ISBN 978-4-569-67612-8
  • 『読売年鑑 2016年版』読売新聞東京本社、2016年。