守屋直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もりや なおき
守屋 直樹
国籍 日本の旗 日本
出身校 慶應義塾大学医学部
職業 精神科医

守屋 直樹(もりや なおき)は日本の精神科医[1]

来歴[編集]

1979年 慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学精神神経科助手、埼玉社会保険病院神経科部長、昭和大学藤が丘病院精神神経科助教授などを経て、2006年より渋谷もりやクリニック院長、昭和大学藤が丘病院兼任講師、医学博士[1]

学会[編集]

  • 日本精神神経学会専門医・指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本精神分析学会 認定精神療法医・スーパーバイザー
  • 日本思春期青年期精神医学会運営委員、学会誌編集委員長
  • 日本産業精神医学会

著訳書[編集]

  • 治療作用:精神分析的精神療法の手引き 岩崎学術出版社 - 2004 (翻訳)
  • 精神分析的診断面接のすすめかた 岩崎学術出版社 - 2007 (編集)

分担執筆[編集]

  • 今日のうつ病治療 金剛出版 - 1990
  • 現代の精神分析 日本評論社 - 1998
  • 心理療法のできることできないこと 日本評論社 - 1999
  • 臨床精神医学講座第4巻 気分障害 中山書店 - 1999
  • 今日の治療指針 2001年 医学書院 - 2001
  • 精神治療薬大系(上) 星和書店 - 2001
  • パニック障害治療のストラテジー 先端医学社 - 2002
  • メンタルケア・ドラッグ&治療ガイド 2004~2005 メディカルドゥ - 2003

出典[編集]

  1. ^ a b 守屋直樹、皆川邦直(編) 『精神分析的診断面接のすすめかた』 岩崎学術出版社、2007年10月。ISBN 9784753307104巻末

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]