守屋徳夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

守屋 徳夫明治21年(1888年1月 - 没年不明)は、日本実業家。樺太水産(株)社長[1]。樺太魚菜配給(株)取締[1]。樺太水産物統制販売組合監事[1]

元衆議院議員、元宮城県塩竈市守屋栄夫の弟。外交官守屋和郎の兄。元防衛事務次官守屋武昌の叔父。

経歴[編集]

宮城県遠田郡富永村(のち古川市、現大崎市)出身。守屋徳郎の二男[1]守屋栄夫の弟[1]守屋和郎の兄[1]

大正7年(1918年京都帝大社会科を卒業[1]台湾総督府視学[1]。旭紡秘書課長[1]朝鮮殖銀勤務[1]東拓資金課長[1]日魯漁業常任監査役[1]

人物像[編集]

趣味は打球文学[1]宗教曹洞宗[1]。住所は東京市小石川区林町[1]

家族・親族[編集]

守屋家[編集]

宮城県遠田郡富永村(のち古川市、現大崎市)、塩竈市東京都
  • 妻・よう(宮城県、菊地辧蔵二女[1]
明治36年(1903年)11月生[1] - 没

著書[編集]

  • 『倫敦より紐育へ』(帝国地方行政学会朝鮮本部、1930.5)[2]

脚註[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『人事興信録. 第14版』下(昭和18(1943年))モ一八
  2. ^ CiNii