宇文肱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇文 肱(うぶん こう、? - 526年)は、北魏末の武人。宇文泰の父。北周の徳皇帝と追尊された。本貫代郡武川鎮

経歴[編集]

宇文韜の子として生まれ、兄弟に宇文阿頭(虞国公・宇文興の祖父)がいた。524年、沃野鎮で破六韓抜陵が北魏にそむいて乱を起こし、衛可孤が武川鎮を落とすと、宇文肱は郷里の人々を糾合して衛可孤を斬った。後に戦乱を避けて中山に移ったが、鮮于修礼の虜となった。鮮于修礼は宇文肱の部下を返して一軍を率いさせた。後に定州で敗れて戦没した。

妻子[編集]

[編集]

  • 楽浪王氏

男子[編集]

女子[編集]

  • 昌楽大長公主(宇文泰の姉、尉遅迥の母)

伝記資料[編集]

  • 周書』巻一 帝紀第一 文帝上
  • 北史』巻九 周本紀上第九