宅部皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宅部皇子(やかべのみこ、生年不詳 - 用明天皇2年6月8日587年7月18日))は、飛鳥時代皇族宣化天皇皇子皇女に上女王がいる。

経歴[編集]

用明天皇2年(587年)用明天皇の崩御後、物部守屋が次期天皇として穴穂部皇子を擁立しようと謀る。しかし、策謀が漏れて、炊屋姫(のち推古天皇)を奉じた蘇我馬子の命令を受けた佐伯丹経手(さえき の にゅうて)・土師磐村(はじ の いわむら)・的真噛(いくは の まくい)により、穴穂部皇子と前後して暗殺された。宅部皇子は穴穂部皇子と親しかったために一緒に討たれたという[1]

物部氏とも深い関係にあり、妃が物部氏の娘だったとも考えられる。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本書紀』用明天皇2年6月8日条

参考文献[編集]

関連項目[編集]