孫詒譲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
孫詒譲 (1848-1908)
孫詒讓の肖像画(『清代学者象伝』)

孫 詒譲(そん いじょう、Sun Yirang1848年 - 1908年)。字は仲容、号は籀廎末の学者・教育家。

浙江省温州瑞安出身。儒学者の家に生まれ、幼時より学問を好み、13歳で『広韻姓氏刊誤』を、18歳で『白虎通校補』を著した。兪樾黄以周とともに清末三大先生と呼ばれており、章炳麟も高く評価している。1873年より国家の危機の際には墨家の思想が役に立つと確信し、『墨子』に校注を加え『墨子間詁』を著した。また亀甲獣骨文字を研究し、成果を『契文挙例』としてまとめている。

さらに教育の必要性を唱え、『温処学務分処暫定学堂管理法』では「国民の智愚賢否は国家の強弱盛衰と関連している。初等小学校を各地に設置し、村から不学の家をなくし、家から不学の童をなくすべきである」と主張している。

著作[編集]

  • 『墨子間詁』
  • 『周礼正義』
  • 『古籀拾遺』
  • 『古籀余論』
  • 『契文挙例』
  • 『名原』
  • 『尚書駢枝』
  • 『札迻』
  • 『籀廎述林』