姚チュウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「姚伷」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

姚 伷(よう ちゅう、生年不詳 - 242年)は、中国後漢末期から三国時代蜀漢の政治家。子緒益州巴西郡の人。

概要[編集]

劉備が益州を平定した後、攻曹書佐に任命された。

建興元年(223年)、広漢太守となった。張嶷伝には当時から名声の高い人物だったとあり、張嶷も親しく交わっていた。

建興5年(227年)、諸葛亮漢中に駐屯した際、諸葛亮に召し寄せられ、丞相掾となった。

任に着くと文武双方に秀でる有益な人材を推挙した為、諸葛亮は賞賛して「人材を推挙することほど忠義で利益になることはない。人材を推挙する場合は、誰しも自分の好む分野にだけ熱心となるが、掾の姚伷は文武両面で使える人材を増やしてくれる。幅の広い正しい人物と言ってよい。願わくは、他の掾達も各々そのことを心がけ、期待に応えるように」と言った。 その後、参軍に昇進した。

諸葛亮の死後、次第に昇進して尚書僕射となった。当時の人々は彼の誠実さと純粋さに信服していたという。

延熙5年(242年)に死去した。

参考文献[編集]

正史 三国志 5 蜀書」(陳寿 著、裴松之 注、井波律子 訳)ちくま学芸文庫 ISBN 4-480-08045-7