妖精標本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
妖精標本
ジャンル ファンタジー漫画少女漫画
漫画
作者 由貴香織里
出版社 白泉社
掲載誌 花とゆめ
レーベル 花とゆめコミックス
発表期間 2005年6号 - 2006年7号
巻数 全3巻
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト 漫画
ポータル 漫画

妖精標本』(フェアリー キューブ)は、由貴香織里による日本の漫画作品。

花とゆめ」(白泉社)にて2005年6号から2006年7号まで連載された。単行本は全3巻。尚、番外編『PSYCHO KNOCKER』が2004年21号・22号に掲載された。

あらすじ[編集]

羽住衣杏には、不思議な存在を感知できる能力があり、幼いころからトカゲという自分の分身が見えていた。

ある日、衣杏は世間を騒がす「妖精殺人」を目撃、謎の男・界外から不思議な石(キューブ)を受け取る。が、その中に封印されていたトカゲにより体を乗っ取られてしまう。

魂だけの存在となった衣杏は界外の力を借り、エリヤという少年の体に入り、翅人となり、トカゲの様子を探る。

登場人物[編集]

羽住 衣杏(はすみ いあん)
主人公。15歳。妖精を見ることが出来る少年であり、幼いころから自分の分身であるトカゲが見えていた。生まれたときから背中に羽の形をしたアザがあった。小さいころから妖精や幽霊がみえたため、「嘘吐きイアン」と呼ばれていた。
石椛 鈴(いしなぎ りん)
衣杏の幼馴染で思い人。泣き虫だった衣杏が急に喧嘩っ早くなったことから彼の正体をいぶかしむ。
トカゲ
衣杏にしか見えない零体。衣杏を憎み、体を奪った。名前の由来は髪の色が緑色で、衣杏がそれを見てトカゲを連想したことから。
本当の名前は十六弥(いざや)であり、死産した衣杏の双子の兄である。
界外(かいと)
衣杏にキューブを渡して事件を引き起こした。ガンカナー(愛を囁く者)という妖精。
デイモンズ・ドアを封印するために体に様々な術や契約を施している。
エインセル
妖精。名前の「エインセル」とは「自分自身」という意味。
非常に強大な力を持つが、自分では制御不可能らしい。界外を慕っている。
エリヤ・バレット
妖精殺人の被害者の小学生。トカゲに体を奪われたあと衣杏は彼の亡骸に入る。
バレット夫人
エリヤの祖母。アイルランド出身で、病気により視力を失い、妖精の存在を感じ取れるようになった。
羽住 一巳(はすみ かずみ)
衣杏の父親。元有名小説家で、国語教師をしている。
羽住 呉葉(はすみ くれは)
衣杏の母親。
リャナン・シーという妖精である。死んだということにされていたが、妖精神に捕らえられて幼い子供の姿にされていた。
梨世(りせ)
衣杏の叔母で、呉葉の妹。
リャナン・シーという妖精。本当の名前はリュセフィオラ。
神門 姿良(ごとう しら)
神門グループの社長。生まれつき心臓に疾患がある。名前の由来はスキュラ
母親が姿良を身ごもったまま妖精界に迷い込んで生まれたため、実の父親によって外界から隔絶された過去を持つ。
妖精神と契約を結び、彼女の心臓は妖精の魂を動力としている。
大鴉(レイヴン)
妖精。姿良の元で働いている。次元の瞳の力を持つデイモンズ・ドアの番人。
ドーシー
かつて妖精界でトカゲと共に暮らしていた。
トカゲにとっては母親とも呼べる存在であったが、グィンアップニーズの力によって暴走した彼を止めようとして命を落とす。
美優(みゆう)
蛾の妖精。自身のゲノムを人間に注入して操ることが出来る。
トカゲを襲撃するもフェアリーキューブを抜き取られ死亡。
カナリィ
レイヴンの許婚。界外とレイヴンを怨みデイモンズ・ドアの封印を解いて死亡。