女王さまはお若い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
女王さまはお若い
Mädchenjahre einer Königin
監督 エルンスト・マリシュカ
脚本 シル・ヴァラ
エルンスト・マリシュカ
製作 カール・エーリッヒ
出演者 ロミー・シュナイダー
アドリアン・ホーフェン
音楽 アントン・プロフェス
撮影 ブルーノ・モンディ
編集 ヘルマン・ライトナー
製作会社 エルマ・フィルム
配給 西ドイツの旗 ウーファ
オーストリアの旗 ザッシャ
日本の旗 大映
公開 西ドイツの旗 1954年12月16日(ケルン
オーストリアの旗 1954年12月28日(ウィーン
日本の旗 1960年5月20日
上映時間 118分
製作国  オーストリア
言語 ドイツ語
テンプレートを表示

女王さまはお若い』(じょおうさまはおわかい、原題・ドイツ語: Mädchenjahre einer Königin)は、1954年に製作・公開されたオーストリアの映画である。

概要[編集]

1936年の同名ドイツ映画[1](日本では劇場未公開)の再映画化であり、イギリスヴィクトリア女王と夫アルバートとの出会いを描いている。エルンスト・マリシュカが監督、ロミー・シュナイダーがヴィクトリアに扮した。

ロミーと母・マグダとの母子共演でもあった。

製作・公開された1954年は、ヨハン・シュトラウス1世の生誕150周年のアニバーサリーであり、彼の子孫であるエドゥアルト・シュトラウス2世がその役を演じた。劇中音楽として、シュトラウス1世の代表作『ローレライ=ラインの調べ』がしばしば使われている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]