奥村栄アキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「奥村栄」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212(補助漢字)に収録)が含まれています詳細

奥村 栄(おくむら よしあき、延享元年(1744年) - 明和元年12月29日1765年1月20日))は、加賀八家奥村家宗家第9代当主。

父は加賀藩年寄奥村修古。母は前田孝資の娘。正室は前田直躬の娘。養子は奥村尚寛。幼名豊次郎。通称助右衛門。

1744年(延享元年)、加賀藩年寄奥村修古の子として金沢に生まれる。1754年宝暦4年)、父修古の死去により家督と1万7000石の知行を相続する。1764年(明和元年)12月29日没。享年21。家督は分家奥村隆振の次男尚寛が末期養子となって相続した。