奥本貴之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
奥本 貴之
基本情報
本名 奥本 貴之
階級 スーパーフライ級
身長 160cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1991-11-26) 1991年11月26日(27歳)
出身地 奈良県大和高田市
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 22
KO勝ち 10
敗け 8
引き分け 4
テンプレートを表示

奥本 貴之(おくもと たかゆき、1991年11月26日 - )は、日本プロボクサー。第41代日本スーパーフライ級王者。奈良県大和高田市出身。グリーンツダボクシングジム所属。

来歴[編集]

5歳で極真空手を始め、小学校5年時に国際大会で優勝を果たした。

片塩中学校2年の時、赤井英和に憧れてグリーンツダに入門。卒業後、早くしてプロになりたい気持ちからウィラポン・ナコンルアンプロモーションが所属するナコンルアンプロモーションとの契約を結びタイに渡る[1]。2007年5月1日、プロデビューを勝利で飾る。

2007年5月29日、元IBF世界ミニマム級王者ラタナポン・ソーウォラピンと対戦、「15歳vs38歳」という年齢差も話題になったが2RTKO負けを喫した[2]

2008年11月、17歳になったのを機にJBCプロテストを受験し合格。

2009年2月8日の国内デビュー戦は対戦相手を公募の上で田中飛依に決まる。しかし試合は1-2判定で惜しくも敗れる。

2009年5月3日、タワッチャイ・ポーティティマを2RKOで沈め国内初勝利。この試合は4月13日に死亡した先輩の小松則幸選手のトランクスを追悼の意を込めて使用した。

2018年8月10日、エディオンアリーナ大阪第二競技場で久高寛之(仲里)と対戦し、10回3-0(96-94、96-94、96-94)で判定勝ちを収めて日本王座を獲得した[3]

2018年10月11日、2018年12月9日エディオンアリーナ大阪第二競技場で、同級9位橋詰将義との初防衛戦が発表された。[4]

2018年12月9日、エディオンアリーナ大阪第二競技場で、同級5位橋詰将義と初防衛戦を行い、10回1-1(96-95、93-97、95-95)、三者三様のドローで辛くも初防衛に成功した。[5]

2019年4月21日、大阪府立体育会館第2競技場で日本スーパーフライ級1位のユータ松尾と2度目の防衛戦を行い、10回2-0(97-93、96-94、95-95)で判定勝ちを収め、2度目の防衛に成功した[6]

戦績[編集]

  • 34戦22勝(10KO)8敗4分

獲得タイトル[編集]

  • 第41代日本スーパーフライ級王座(防衛2)

脚注[編集]

  1. ^ 日本でのプロ受験は17歳以上ではあるが、タイでは14歳から受験可能。
  2. ^ " 奥本「もっともっと上へ」 ボクシングモバイル 2015年3月3日
  3. ^ 奥本貴之が久高寛之に判定勝ち 日本SF級新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年8月10日
  4. ^ Gツダの矢田、奥本、那須 12.9トリプルタイトル戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年10月11日
  5. ^ 矢田良太が9回TKOで日本ウェルター級V2 S・フライ級王者の奥本貴之は無念のドロー防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月9日
  6. ^ 奥本貴之が接戦制してV2 日本S・フライ級 Boxing News(ボクシングニュース)2019年4月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
久高寛之
第41代日本スーパーフライ級王者

2018年8月10日 - 現在

空位
次タイトル獲得者
N/A