天神山城 (武蔵国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
天神山城
埼玉県
模擬御二階櫓(2010年撮影)
模擬御二階櫓(2010年撮影)
別名 白鳥城、根古屋城
城郭構造 山城
天守構造 不明
模擬2層2階(昭和45年RC造り
築城主 藤田氏
築城年 1540年ごろ
主な城主 藤田康邦、北条氏邦ほか
廃城年 1590年
遺構 空堀、土塁、石塁
指定文化財 未指定
再建造物 模擬天守→取り壊し
位置 北緯36度7分12.831秒
東経139度7分1.407秒
地図
天神山城の位置(埼玉県内)
天神山城
天神山城

天神山城(てんじんやまじょう)とは、現在の埼玉県秩父郡長瀞町岩田にあった日本の城である。

立地[編集]

山城で、麓には荒川が流れている。

歴史・沿革[編集]

  • 天文年間に藤田重利(のちの藤田康邦)が築城したと伝えられている。1546年(天文15年)の河越夜戦以降に北武蔵に勢力を伸ばしてきた北条氏康に重利は1549年(天文18年)7月従属した。
  • 1560年(永禄3年)に上杉謙信が関東侵攻を開始すると藤田氏は上杉方についた。しかし、同年9月に北条氏によって攻め落とされた。
  • 1564年(永禄7年)頃に北条氏康の四男である氏邦が入城した。氏邦は1568年(永禄11年)10月から翌年9月の間に鉢形城に居城を移したが、その後も天神山城は使われ続け、1590年(天正18年)の小田原征伐の際に、鉢形落城と共に開城したといわれている。
  • 1970年(昭和45年)、観光目的として本丸跡に模擬二重櫓(鉄筋コンクリート製)が建設されたが、採算あわず倒産し模擬天守も放置された。

アクセス[編集]

麓の白鳥神社脇の山道から徒歩約15分。山道は整備されておらず獣道状態。

関連項目[編集]