大隈言道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大隈 言道(おおくま ことみち、寛政10年(1798年) - 慶応4年7月29日1868年9月15日))は、江戸時代後期の歌人門下幕末勤王歌人の野村望東尼が居る。 父は商家大隈言朝。福岡の出身。池萍堂(萍堂)・篠廼舎、観水居などと号した。

二川相近に師事して和歌を学び、30歳代半ばで独自の歌風を築いた。また、広瀬淡窓に師事して漢学を学んでいる。佐佐木弘綱萩原広道などとも交友があった。

歌集に「草径集」、「続草径集」がある。