大谷省三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大谷 省三(おおたに せいぞう、1909年9月23日 - 1994年5月6日)は、日本農業経済学者、東京農工大学名誉教授。

来歴[編集]

島根県出身。東京帝国大学卒。帝国農会などで日本農業の生産力構造などを研究。東京農工大学助教授。1951年、教授。1972年、退官、岐阜経済大学教授。マルクス主義農業経済学者で、1963年には農業問題研究会議の創設に加わる。日本農業経済学会会長。

著書[編集]

  • 日本農業への反省 家の光協会 1949
  • 国土の改造 われわれは豊かになれるか 岩波書店 1953 (村の図書室)
  • 自然をつくりかえる 牧書店 1959 (牧少年少女文庫)
  • 日本農業の課題 農山漁村文化協会 1965
  • 自作農論・技術論 戦後初期論文集 農山漁村文化協会 1973
  • 日本農政の基調 MSA農政から総合農政まで 農山漁村文化協会 1973

共編著[編集]

  • 農村問題講座 全3巻 河出書房 1954
  • 農業共同化の進路 近藤康男共編 農山漁村文化協会 1962
  • 現代日本農業経済論 農山漁村文化協会 1963
  • 現代農業経営論 農山漁村文化協会 1966
  • 米の問題 生産,流通,消費 新読書社 1970
  • 酪農と肉牛の問題 新読書社 1971
  • 当面する農協問題を考える 時潮社 1973
  • 人間・科学・科学者 真下信一共編 時事通信社 1974 (市民の学術双書)
  • 続・農協問題を考える 農協運動の現代的課題 時潮社 1974
  • 農業再建への提言 近藤康男共編 全国協同出版 1975
  • 食糧自給をどう考えるか 川崎健共編 時事通信社 1976 (市民の学術双書)
  • 農業の再構成を考える 近藤康男共編 全国協同出版 1976.12
  • 土地改良を考える 日本イリゲーションクラブ 1978.1
  • 地域農政のあり方を問う 時潮社 1978.12
  • 日本に食糧問題はないか 文新社 1979.4

参考[編集]

  • 日本人名大辞典