大禿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥山石燕今昔画図続百鬼』より「大禿」

大禿(おおかぶろ)は、鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』で描かれている妖怪那智高野にいるという。

同書にはの花柄をあしらった着物を纏った禿頭の人物の姿が描かれており、解説には「伝へ聞、彭祖は七百余歳にして猶慈童と称す。是大禿にあらずや。日本にても那智高野には頭禿にて歯豁なる大禿ありと云。 しからば男禿ならんか。(伝え聞くところ、彭祖(ほうそ)は700歳を過ぎてもなお慈童と名乗ったという。これは大禿ではないだろうか。日本でも那智や高野には禿頭で歯がまばらな大禿がいるという。だとすると男の禿だろうか。)」とある。

前段にある彭祖とは、男女選ばず性交して長寿を得たといわれる仙人で、幼名を慈童(じどう)といい、菊の露を飲んで不老不死となったという伝説から菊慈童とも呼ばれていた。菊慈童は伝統的な画題の一つでもあり、「大禿」の絵はそのパロディとみることができる[1]

後段の那智高野はそれぞれ青岸渡寺金剛峰寺山号で、「頭禿(こうべかぶろ)にて歯豁(はあばら)なる」は、毛や歯が抜け落ちた様から老人を指す言葉「頭童歯豁」(とうどうしかつ)とほぼ同義である。従って、日本でも那智山や高野山には頭がはげ歯が抜け落ちた年老いた大禿がいると言うが、とすれば大禿というのは男の禿であろうか、との意味になる。

禿(かむろ・かぶろ)とは本来は遊女見習いの少女のことであるが、吉原にあった男色専門の茶屋では、男色対象の少年は禿頭にして少女のような姿をしていた。さらに大禿の着物に描かれている菊は肛門や男色を示す隠語でもある[2]。石燕の描く妖怪には、実際に日本に伝承されていたものではなく、社会風刺などの意味や絵解き遊びで創作したものが多いが、この大禿も同様に、慈童や菊と男色の関連性を掛け、男色の破戒を風刺して創作されたものとも言われる[3]

女犯(にょぼん)が禁じられらた寺院では男色が盛んに行われたとされ、わけても那智山や高野山はその道で有名で、「高野六十那智八十(こうやろくじゅう なちはちじゅう)」(高野山では60歳まで、那智山では80歳まで稚児役として僧侶の男色の相手をさせられる者がいる)という俚諺があるほどであり[4]、大禿の解説文もこれに沿った内容になっている。

禿[編集]

新人物往来社歴史読本』 臨時増刊「異界の日本史 鬼・天狗・妖怪の謎」(1989年)には、この「大禿」を挿絵に使いながらも、全く異なる話が出ている。江戸時代広島県御手洗待合茶屋若胡子屋に現れたという「禿(かむろ)」という妖怪の怪談が述べられている。かつて若胡子屋の花魁が、鉄漿(おはぐろ)が上手に付けられないことに癇癪を起こし、煮えたぎった鉄漿を、そばにいた禿(花魁の世話をする童女)の口へ注ぎ込んだ。禿は苦悶の末、血染めの手跡を壁にべっとりと遺して息絶えた。以来、深夜になると禿の怨みの声が聞こえるようになったという[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 近藤瑞木「石燕妖怪画私注」、『人文学報』第462号、首都大学東京都市教養学部、2012年3月、 87頁、 NAID 120005090367
  2. ^ 多田克己 『百鬼解読』 講談社講談社文庫〉、2006年、107-114頁。ISBN 978-4-06-275484-2
  3. ^ 村上健司編著 『日本妖怪大事典』 角川書店〈Kwai books〉、2005年、58頁。ISBN 978-4-04-883926-6
  4. ^ コトバンク(デジタル大辞泉) 「高野六十那智八十」
  5. ^ 加藤恵「県別日本妖怪事典」、『歴史読本 臨時増刊』第34巻24号(通巻515号)、新人物往来社1989年12月、 327頁、 NCID AN00397353

関連項目[編集]