大石道場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:建物外観の画像提供をお願いします。2015年1月

座標: 北緯35度2分3.6秒 東経136度57分4.8秒 大石道場(おおいしどうじょう)は、愛知県大府市にある柔道道場。

概要[編集]

門下生は吉田秀彦谷本歩実中井貴裕など。道場主は大石康極真会館の大石道場とは関係がない。

講道学舎のようなエリート道場ではないが、児童・学生柔道の全国大会でしばしば上位に名を連ねる東海地方の強豪道場である。地方密着型指導の道場であるため門下生は東海地区(特に愛知県)の者が多く、門下生の結束力も強い。最近は門下生からオリンピックの金メダリストを輩出しており、全国的な知名度も増している。

アテネオリンピックでは五輪に出場した谷本へ吉田が大石道場の先輩として、「自分の柔道を貫いてほしい」とエールを送り、谷本も壮行会で「大石道場の五輪出場、オリンピック金メダルを吉田先輩から引き継ぐ」と宣言。結果谷本は見事金メダルを獲得。吉田も「約束を守ってもらえてよかった」と喜びのコメントを残した。

また道場主の大石は、のちにオリンピックのメダリスト育成者として大府市スポーツ功労者表彰を受けている。

主な輩出選手[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]