大田原隆太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大田原 隆太
大分プロ育成野球専門学院BEZEL トレーニングコーチ
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県都城市
生年月日 (1987-07-30) 1987年7月30日(34歳)
身長
体重
190 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 高校生ドラフト4巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

大田原 隆太(おおたはら りゅうた、1987年7月30日 - )は、宮崎県都城市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

都城市立今町小学校1年時に野球を始め、都城市立五十市中学校では軟式野球部に所属。同部在籍時の3年時に市内大会で準優勝。

宮崎県立都城工業高等学校に進学し、3年時に全国高校野球選手権大会宮崎県大会3回戦・宮崎県立延岡西高等学校戦に於いてノーヒットノーランを達成。チームのベスト8入りに貢献した。

2005年のドラフト会議にて、高校生の部ドラフト4巡目で福岡ソフトバンクホークスに入団。

プロ入り後[編集]

一軍昇格は果たせず、2009年ウエスタン・リーグで4試合に登板、10イニングで20失点と散々だった。

2010年10月1日、球団から戦力外通告を受けたが、育成選手として再契約する見込みと報道され[1]、12月3日に育成選手契約が締結した[2]

その後は左肩痛に悩まされ、2012年10月7日付で戦力外通告を受け、現役引退を表明した[3]10月31日、自由契約公示された[4]

引退後[編集]

引退後は地元に戻り、宮崎市内のスポーツクラブに勤務。ホークスジュニアアカデミーのジュニアコーチも務めていた[5]

スポーツクラブの会員に警察官がおり、その中で仕事の話に感銘を受ける。宮崎県警が2016年度の採用試験から年齢制限を引き上げていたこともあって、警察官を目指すようになり、2回目の試験で合格。2018年4月から宮崎県警察学校の入校し、入校式では代表して宣誓文を読み上げた[5][6]。警察学校を経て、2019年1月より配属されることとなっていた。

しかし、2019年には再度スポーツ界に戻っており、5月より福岡市内にある野球教室「KOBES」(コビーズ)にコーチとして勤務し、小中学生らへの投手指導を行っている[7]

2021年4月開校予定の野球教育施設・大分プロ育成野球専門学院BEZELのトレーニングコーチに就任。同校ではソフトバンク時代の同僚だった川口容資もコーチを務める[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 63 (2006年 - 2010年)
  • 132 (2011年 - 2012年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ スポニチアネックス 2010年9月29日柳瀬ら育成降格 一度自由契約に
  2. ^ 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト 育成選手契約完了のお知らせ
  3. ^ ソフトB下沖、仲沢、近田らに戦力外通告”. nikkansports.com (2012年10月8日). 2012年10月29日閲覧。
  4. ^ 2012年度 自由契約選手(育成選手)”. 日本野球機構オフィシャルサイト (2012年10月31日). 2012年11月1日閲覧。
  5. ^ a b 田崎春菜 (2018年4月6日). “<宮崎県警>元ホークス投手が警察官に”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20180406/k00/00e/040/280000c 2018年4月6日閲覧。 
  6. ^ 大村久 (2018年8月11日). “元ホークス投手、第二の舞台は警察官 年下同期と訓練中”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASL7Z72P0L7ZTNAB00R.html 2021年2月17日閲覧。 
  7. ^ 大田原隆太コーチによるパーソナルレッスン開始のお知らせ”. KOBES [コビーズ]Baseball Workout Studio. 2021年2月17日閲覧。
  8. ^ “大分にプロ育成野球専門学院が来春開校 NPB選手養成に「オンラインドラフト」も”. スポーツ報知. (2020年10月19日). https://hochi.news/articles/20201019-OHT1T50113.html 2021年2月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]