大歳山遺跡公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大歳山遺跡公園
竪穴住居焼け跡

大歳山遺跡公園(おおとしやまいせきこうえん)は兵庫県神戸市垂水区にある遺跡公園

概要[編集]

もともと、山田川近くにあったとされる大歳神を祀る大歳神社があったために、大歳山と呼ばれていた地である。直良信夫の発掘により縄文時代土器が出土した。その後も旧石器時代、縄文時代、弥生時代と様々な時代のものが出土して石器時代の人々が同じ地に長い間暮らしていたものとなされている複合遺跡。公園内には、1972年に復元された竪穴住居があり、また、周りは開発によって大歳山が削られて遺跡が高台になっていることから明石海峡大橋を望むビューポイントとしてカメラマン等が多く訪れる。

主な発掘物[編集]

所在地[編集]

  • 兵庫県神戸市垂水区西舞子4丁目

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度38分42.3秒 東経135度1分47.9秒