大槌城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本丸跡地にある石碑(2017年6月)
本丸跡地東側にある二の郭跡
(2017年6月)

大槌城(おおつちじょう)とは、岩手県上閉伊郡大槌町にかつて存在した日本の城山城)。代々、大槌氏が城主を担当した。室町時代に大槌次郎によって築造されたといわれている[1]浜崎城とも呼称されていた。規模は東西が700m、南北が100mに及ぶ。

概要[編集]

1334年から1338年頃、現在の大槌町の背後にある山の上に築造された[2]。砦と4つの郭から構成され、砦は堀で囲まれている。

1437年永享9年)、大槌孫三郎が岳波太郎に呼応して阿曽沼氏を攻めた際、阿曽沼氏を支援した南部氏に大槌城は攻撃を受けた。しかし、城の両側を流れる川など、天然の要害を生かして攻撃を巧妙に防ぎ、遂には流れ矢によって敵将南部守行を討ち取ったという。

城主の大槌氏は、1616年に謀叛の嫌疑によって粛清され滅亡した[3]

参考文献[編集]

  • 「青森・岩手・秋田の城郭」(日本城郭大系・新人物往来社)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大槌城跡城山公園”. 大槌商工会. 2011年4月28日閲覧。
  2. ^ 大槌城
  3. ^ 大槌城