大島直政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大島 直政(おおしま なおまさ、1942年11月13日- 1995年4月15日[1])は、日本トルコ文化・トルコ語研究者。

人物[編集]

東京生まれ。1967年慶應義塾大学社会学科卒業。在学中に1年間トルコに行く。文藝春秋に入社。退社後トルコへ行き、帰国後、トルコ関係の著書に専念。日本トルコ協会トルコ語講師

著書[編集]

共著・編著
  • 『ユーラシアシルクロード 5 オリエントから永遠の都へ』加藤久晴共著、日本テレビ放送網 1983
  • 『中東のあらし 物語世界史11』学研 1983
  • 『エクスプレス トルコ語』白水社 1988、新版2004
  • 『トルコ ブルーガイド・ワールド』小田陽一共著、実業之日本社 新版1998

参考記事[編集]

  • 「イスラムからの発想」著者紹介 

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』