大宰府展示館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 大宰府展示館
Dazaifu Exhibition Hall
Dazaifu Museum 20170104.jpg
大宰府展示館の位置(福岡県内)
大宰府展示館
福岡県内の位置
施設情報
専門分野 大宰府の歴史
事業主体 公益財団法人「古都大宰府保存協会」
開館 1980年(昭和55年)
所在地 818-0101
福岡県太宰府市観世音寺四丁目6番1号
位置 北緯33度30分47.94秒 東経130度30分58.34秒 / 北緯33.5133167度 東経130.5162056度 / 33.5133167; 130.5162056座標: 北緯33度30分47.94秒 東経130度30分58.34秒 / 北緯33.5133167度 東経130.5162056度 / 33.5133167; 130.5162056
外部リンク 「公益財団法人 古都大宰府保存協会」公式サイトより (日本語)
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

大宰府展示館(だざいふてんじかん)は、福岡県太宰府市にある歴史資料展示館。公益財団法人「古都大宰府保存協会」が運営する[1]大宰府政庁跡の近隣にあり、博多人形で再現した「梅花の宴」の立体模型などを展示している[1]

利用案内[編集]

毎週月曜日は休館(ただし月曜日が祝日なら開館し、その翌日が休館となる)。開館時間は9:00~16:30。

入館料について、料金導入前までは無料だったが、令和フィーバーから入館者の増加傾向に伴い2019年(令和元年)7月1日以降、大人200円、高校生または大学生100円、小学生と中学生は無料。

令和のゆかりの地[編集]

2019年4月1日に太宰府ゆかりの新元号「令和」が発表されると、坂本八幡宮とともに脚光を浴び[2]、「令和」発表前の来館者数は1日20人ほどだった[3]が、発表後の6日間で1万人を超える来館者があった[2]

2019年11月4日、令和ゆかりの地を表す記念モニュメントが除幕された[4]

交通[編集]

鉄道
バス
  • コミュニティバスまほろば号「大宰府政庁前」下車すぐ
  • 西鉄 400系統「筑陽学園前」下車、北へ徒歩5分
  • 西鉄 無番(太宰府ライナーバス「旅人」[5])「大宰府政庁前」下車すぐ

出典[編集]

外部リンク[編集]