大報壇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大報壇
各種表記
ハングル 대보단
漢字 大報壇
発音 テーボダン
日本語読み: だいほうだん
テンプレートを表示

大報壇は、1644年にが滅んでから60年後の1704年に、李氏朝鮮が、明の皇帝を祀るために昌徳宮に建てた祭壇である。最初は万暦帝(神宗)だけを祀っていたが、1749年に明の最初の皇帝朱元璋(太祖、洪武帝)と明の最後の皇帝崇禎帝(毅宗)も合祀した。

当時、朝鮮は清から冊封されていたが、精神的には「崇明反清」の意識が強く、清を「オランケ」(野蛮人)だといって侮蔑し、朝鮮こそが明が滅んだ後の中華を受け継ぐ「小中華」だとしていた。神宗は文禄・慶長の役で援軍を送って朝鮮を救ってくれた「再造之恩」があり、太祖は「朝鮮」という国の名前を決めてくれた「大造之恩」があり、毅宗は丙子の乱の時に援軍を送ってくれ恩があるとして、毎年、国王自らが祭祀を行った。 祭祀は1894年まで行われ続けた。大報壇は昌徳宮の北西部にあったが、韓国併合後の1921年に、大報壇を壊して、その場所に新璿源殿(신선원전)が建てられた。

ケ・スンボム西江大学校教授は著書『정지된 시간』(停止した時間)で、大報壇の祭礼は朝鮮が「近代の敷居」を越えられないようにした「意識の足鎖」だったとしている[1]

李氏朝鮮が滅亡した明の皇帝を祀った場所としては、他に万東廟朝宗巖大統廟などがある。中央日報はこれらは朝鮮の変革の機会を逃し続け、慕華思想に浸って退行を繰り返した史実の証拠だと指摘している[2]

脚注[編集]