大井啓世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大井 啓世(おおい ひろとし、1965年9月19日 - )は、日本競輪選手会奈良支部に所属する競輪選手日本競輪学校(以下、競輪学校)第58期生。

来歴[編集]

実父の大井清(期前選手)は元競輪選手で当人の師匠。また、長兄の栄治(競輪学校44期生)、次兄健司(競輪学校54期生)も元競輪選手だったことから、『大井(競輪)三兄弟』と呼ばれている。

高校時代、二人の兄は野球に取り組んでいたが、当人は奈良県立大淀高等学校に進学してサッカーに取り組んだ。同校在籍時代、1983年度開催の第62回全国高等学校サッカー選手権大会1981年開催の全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会、1983年開催の国民体育大会などへの出場経験がある。

その後、競輪学校を経て、1986年9月6日熊本競輪場でデビュー(競走棄権)。初勝利は同年同月29日の福井競輪場

これまで特別競輪において、GIで2回の決勝進出歴がある。またGIIである西日本王座決定戦では、2003年小松島競輪場)に2位、2004年観音寺競輪場)に3位を記録している。

2005年、父も兄2人も果たせなかった、ホームバンク・奈良競輪場の開設記念で優勝した。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]